FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

愛の藤橋


まだ満開ではないそうですが、きれいでした。

【モブログ追記】
5連休4日目。
この日は午後からボランティアガイドの当番日です。
ということで、午前中は部屋掃除・・・と思ってたら、朝7時半からいもうとから電話。
曰く「三谷の藤橋を見に行こう」。
ということで行きます。
仁保の道の駅で待ち合わせ、徳地を目指し、重源の郷への道をひた走りそのまま通りすぎて、しばらく走って「三谷の石垣棚田」と「愛のふじ橋」の案内看板発見。
多少狭い道ながら石垣棚田を見学しながら走って無事到着。
かなり整備された印象近くには三谷小学校の跡地らしき駐車場もありました。

「愛のふじ橋」という名前には由来があります。
いもうとによると、病気のおじいちゃんのためにおばあちゃんが藤を植えたら、藤が橋をつたいながら大きくなったんだとか。
帰ってネットで調べましたら、「まちなかアート三丁目」さんのブログに詳しく載っておりました。

そんな言われのある藤、今年は開花が遅めだそうですが、充分にきれいでした。
愛のふじ橋橋から

また、ちょうどお大師さまのお祭りの日にあたってたそうで、周辺ではお地蔵さんのお接待。
お地蔵様たちと接待されまくり~
恩恵にあずかってしまいました。
こういう風習が地域に残ってるのっていいですよね。
色々史跡が多そうな三谷地区石垣棚田のオーナー制度をやら、「三谷をよくする会」(実は今回色々説明いただいた方には数年前に引谷での県大生へのプレゼンでお会いしたことがありました)やら、地域おこしに頑張っていらっしゃるようでした。
ところで、愛のふじ橋も今年は開花が遅くて、ここ数日の暖かさでようやく見頃になってきたとのこと。
ということは一貫野の藤も少しは咲いたかな?

と思ったものの、藤とお接待と樽に蕎麦食べに行って、思いのほか時間をとり、ボランティアに間に合わなくなりそうになったため断念。
代わりにいもうとが別れた後に見に行ったものの、どうもほとんど状況変わらずのようでした。
今年はかなり厳しいようです。
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/05/04(火) 11:24:19|
  2. 携帯から(モブログ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント
一巻の終わり
 一貫野には本日行って参りましたが、愕然としました。「何か」があったとしか思えません。釣り用の浮きらしき物が一つ引っかかっていたのが何かの示唆なのか、関係無いのか。来年に期待・・できるのかどうかも分かりません。

 三谷にそんな所があるとは、知りませんでした。一晩早く詳報を目にしていれば・・・・。
  1. 2010/05/05(水) 23:57:11 |
  2. URL |
  3. 城 #R3hZH7oc
  4. [ 編集]
Re: 一巻の終わり
>  三谷にそんな所があるとは、知りませんでした。一晩早く詳報を目にしていれば・・・・。

4トラベルの方のガイド日記を作ってましたもので、追記が遅れてしまいました。
地元の方の話では、まだ完全に見頃になってはいないとのことでしたよ。
この週末辺りに行かれてみてはいかがでしょうか。

一貫野は本当に残念な状態ですよね。
異常気象のせいで、たまたま今年だけ・・・と思いたいです。
  1. 2010/05/06(木) 00:42:19 |
  2. URL |
  3. くに #-
  4. [ 編集]

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/955-1ce91ab4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<しもせりんご村にて | ホーム | 先帝祭 上臈参拝>>