FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

振り込め詐欺がやってきた
先ほど電話がなりました。
うちの固定電話に真夜中にかかってくる電話って、たいていワン切りなんですが、珍しく鳴ってます。
旦那の実家からでした。

夜中に電話。
だれか御不幸?

と思ったら、さきほど旦那の名を名乗る不審な電話がかかってきたそうです。
曰く、風邪ひいたとゴホゴホ。
旅行中に携帯電話をトイレに落とした、ときいたところで間違えて電話を切ったけど、どうも声が違うのでこちらに確認の電話をかけたとのこと。

たまたま旦那は本日家にいないんですが、この時間はまず間違いなく寝てます。
トイレに電話を持ち込むほど携帯中毒でもありません。
そもそも、なんかあったら実家よりこっちに電話をかけてくるはずですし。

振り込め詐欺ですね。
多分、携帯電話が壊れたからと違う電話番号を登録させておいて、今度は交通事故起こしたか、会社の金を横領したとか、借金の保証人になったとか、振り込め詐欺の電話をする予定だったんでしょう。
最近は、振り込みの監視が厳しくなったから、宅配装ってとりにきたり、郵便のエクスパック利用したりの可能性もあったかな。
名前を名乗ったのも、下関市内の高校の卒業生名簿を使った振り込め詐欺が一時期横行してたから名簿使ったのはまず間違いないでしょう。
しかし、こんな夜中に電話かけまくってあちこちの家に迷惑かけてると思うと腹ただしいことです。
というか、ひっかかる人が出ないことを祈るばかりです。
夜中に寝てる時に電話されたら、通常の判断ができないこともあるでしょうし、実際それが狙いなんでしょうから。
で、今度は振り込み手続き直前に電話して慌てさせると・・・

振り込み詐欺については、山口県警のHPをどうぞ。

・・・と書いて、警察のページのリンクを貼ろうと思ってサイトを見たら、
12月15日に下関署で発生した未遂事件の手口とほとんど一緒。
同じ犯人が性懲りなくやってるんでしょうね。
振り込め詐欺って数うちゃ当たる方式で手当たり次第に電話かけてるようですから。

山口県警より警視庁のサイトの方が詳しかったので、改めましてこちらをどうぞ
とりあえず、相手の話をうのみにせずに、疑ってかかることと(お金が絡んだら特に)、こちらから情報を言わない(与えない)ことが大切なようです。
関連記事
  1. 2008/12/18(木) 00:46:46|
  2. 日々あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/575-59fe8c9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<壁に耳あり、ネットに写真あり | ホーム | いち膳で宴会>>