FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

山水園の翠山の湯に潜入する
山口市内に住んでいていいところというと、気軽に温泉に入りに行けること。
湯田温泉には日帰りで利用できるところがかなりあります。
先週末旦那が職場旅行で居ないし、宿泊先が温泉なので、こっちもお風呂は外にすることにしました。

行った先は、老舗旅館の山水園の日帰り温泉、翠山の湯。
湯田温泉最高値の1600円なのですが、実は春先に職場の人から回数券を1枚いただいていたのでした。
ということで、ただ。お風呂代節約です。
ちなみに、回数券は10枚で1万円。
結構利用者多いそうです。

翠山の湯は二度目。
夜、ちょうど夕飯時なら人がいないんじゃないかと、タイミング図って行きましたが、結構人来てます。
休憩スペース美かどの湯は昭和天皇が入ったそうで飲泉って、前はあったかな?

更衣室まで人がいますので、クマはここまで。
最初に入った時に露天やサウナに全く人がいなかったもので、「ピンポイントならいけるか」と思いましたが、その後、クマ抱えていったら玉砕。
むしろ、終了時間直前の方がうまくいったかも。
浴衣の人がいたので、聞いてみたらやっぱり山水園さんの宿泊客。
宿の方にも大浴場があるそうですが、使用時間と設備の豊富さで、宿の人に夕食前に強く勧められてきたとのこと。
山水園さんは宿泊予約サイトや旅行会社のパンフレットで名前を見かけないもので、受付の人に聞いてみたら、1泊2万~6万円だそうです。
う~ん、まだ泊まるには早いかな?

この日の写真撮りは見事に失敗しましたが、まあ、昔一度撮っているんですよね。
その時の写真はこちら
タオルやバスタオルは使い放題だし、そんなに混雑はしてないし、ジェットバスや打たせ湯もあるし、なにより湯田温泉には珍しい軽い硫黄臭のお湯はとってもなめらかで、いいお湯でした。

実は、入口前にはお湯売り場ができていて、期間限定サプライズなことになってました。
差し障りがあるかもしれないので、行った時のお楽しみということで。
ヒント:容器持参。

休憩所の自家製シャーベット梅シャーベット、320円も濃厚で美味しかったですが、てんこ盛りだったので、この後再びお湯につかりなおしたのでした。
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/11/11(火) 23:51:05|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/549-04afac7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<スープフル、再び | ホーム | 怒濤の1日>>