FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

教育文化週間と雪舟への旅
三連休中はアートふる山口にほぼ費やされ、本日自主休暇。
といっても、仕事忙しいから半日だけですが。

わざわざ休みを取ったのは、山口県立美術館で開催中の雪舟展を見るため。
これだけ見ると、そんなに人はいないように見えますが・・・

11月1日から7日までは毎年教育文化週間なので無料、展示入れ替えが中日にあるので、2回見ようと思ったら、1日無料は非常においしい話です。
でもって、月曜は通常は休館日だから人も少ないはず。
・・・と思ったら甘かった。
9時過ぎに県立図書館駐車場ほぼ満杯。
でもって、約1時間で切り上げて、戻ってみれば、
かなり連なってます

・・・普通、パークロードで車は渋滞しませんって(汗)
本日図書館休館日だから美術館専用と化してますが、明日は図書館の利用客もいるわけで(しかも火曜は市立図書館が休館日だから利用者多いはず)、どうなるんでしょう?
もっとも、中で警備のお姉さんと話したところ、連休中はとんでもない人混みだったそうで、まだまだ今日は少ないそうです。

地元民としては、10時過ぎに着く人は、県庁敷地内の外来駐車場に停めるか、1時間100円の駐車料金惜しまず、商店街駐車場を利用することをお勧めします。
商店街駐車券を持参すれば、1時間は無料になるはずです。

たまたま美術館内でボランティアガイド仲間に遭遇。
常栄寺も結構な賑わいだそうですので、雪舟が住んでた跡地、雲谷庵も賑わっていそうです。
ここも、駐車場が今年出来たけど、7台しか停められないので、国道8号線はさんで向かいにある、菜香亭の駐車場利用の方が無難でしょう。
ここだと、通る地下道に四季山水図のタイル画もあったりします。

※追記へと続く
雪舟展自体は、日頃見る機会がない国宝・重文級の水墨画の数々が見られてよかったです。
今回の目玉は、国宝6点(これは個人の描いた物としては最多)全てが展示されると言うこと。
ただし、全部いっぺんにという訳に行かないので、期間によっては複製画になってたりします。
現在は毛利博物館所蔵の四季山水長巻図の本物が展示されています(記憶違いでなければ12日まで)が、これが一番の人だかり。
最初の方に展示があって、「列最後尾」の札が上がる大行列。
よくよく見たら、最前列で見るための列だったので、人の背越しに見ることにしました。
全部ゆっくりには不向きだけど、列の切れ目は結構出来るのでそれなりに見ることが出来ました。
じっくり見たところで、素人にはよく分かりませんしね(笑)

常設展示も展示物に利用されてました。
上映されていたビデオ、さりげに山口観光案内にもなっていて、お勧めです。
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2006/11/06(月) 12:27:29|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/53-e6dba824
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<環境緑化園で紅葉狩り | ホーム | アートふる山口開幕>>