FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

ロボット博のマスコットと戯れる
開館直後に行った山口県立博物館のロボット展。
しばしば1時間以上の待ちがでるというセグウェイをハイテンションで試乗した後は、改めて展示品を見て回ります。

有名どころのアイボやパロ、体験できるパロとかに人気が集中してますが、個人的には
入口近くの高専のロボコン出場作品、何故か素通りされているテレビで熱戦を見ていた高専の学生さんの作品は、見覚えあるものも多くて懐かしかったです。
長沢まさみさんが主演した映画「ロボコン」は徳山高専が舞台でしたが、徳山高専のロボは女性操縦者がいたそうで、結構ノンフィクション的なところもあったんだなあ。
でも、入口近くなせいか、いかにも工作品ってところが見受けられるせいか、ほとんど素通りされてました。
ロボコン、私はほぼ毎年テレビで熱戦を見てますが、見る人少ないのかなあ?

さて、セグウェイ体験の手前には、ステージが設置されています。
ショーの時間が決まっているので、それ以外の時間は人がいません。
アートふる山口で馴染みのある宇部高専のバンドロボットの、手前で転がっている可愛いロボット。
名前はないと言ってたけれど・・・
一目でわかる夏みかんがモチーフなボディ。
後で聞いたら大内人形も入ってるそうで、言われると納得なデザインです。
ラジコンで動きます。
操縦者は、クマ持ち主より年下そうな男の子。
スタッフのお子さんかなあ?と思ったけれど、よく分からず。
面白そうなので、遊ばせてもらいました。
玉乗り~手玉にとる?
癒し系なゆるキャラです。
横にいたスタッフさんの話では、動きのコンセプトは「転がる」だそうで、ラジコンも上下と左右だけの操作、予想とは微妙に違う動きになって面白かったです。

この後、色々見て回ってたら、ステージはキャラクターショーの時間。
すでに席はいっぱいなので後ろで見てましたら、
実はスターでした主役はさっきの夏みかん君。
名前はまだついてないと聞いてましたが、なぜか「なつみちゃん」という名前になってました。
操作するのに大行列。
さっき、遊ばせてもらってた時は、だれも来なかったんだけどなあ。

10時過ぎると博物館は大賑わい。
早起きは三文の得状態で、他でもあれこれ遊ばせてもらって、早めに博物館を後にしたのでした。
昼近くになったら、博物館の駐車場より近辺の駐車場利用の方がスムーズに駐車できそうです。

ロボット展は、8月24日まで。
ちなみに、普段の常設展示にもアイボが2匹いて、触れないけど操縦ができます。
企画展をやってないときは、あまり人がこないので(クマ持ち主の趣味で何度か行っているのです)、意外とこちらの方が狙い目かもしれません。
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/08/18(月) 23:22:56|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/495-91279761
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<HAMATORA(濱虎)でランチ | ホーム | 大騒ぎなセグウェイ体験>>