山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

志村動物園にてモモイロペリカンが登場したけれど。。。
たまたまテレビを見ていたら、志村動物園に20年間漁師さんにくっついて漁に行くペリカンってのが出てきました。
モモイロペリカンってことで、ネットの実況スレ見てたら、しばしば「カッタ君」の名前が出てました。
登場のガー君、なかなかいい味だしてました。

カッタ君はかなり前(調べたら2008年)に亡くなったなあ。
と思いつつ、ふと、そういえば昔カッタ君の長女ほか数羽が花火に驚いて逃げたってことがあったと思い出し、ネットで検索してみたら、wikiにカッタ君ほか7羽が1997年に逃亡して、のちカッタ君は豊浦町の漁港で発見って記述がありました。

う~ん、ちょうど20年前。
番組では大きさから多分メスなんじゃないかという話。
この時一緒に逃げたペリカンの中には北海道あたりまで行っちゃってたのがいたはずなので、十分カッタ君の長女の可能性あるなあ。
足に識別のリングはなさそうでしたが、羽根とかでDNA鑑定でもできないものかと思ったのでした。

ちなみにどっかに自分が撮った写真がないかと4トラ旅行記を漁ったら、でてきた旅行記はまだ鳥インフルエンザ発生前で、ペリカンと合わせて大量の白鳥さんがたの写真が・・・
合掌。

【追記】
その後、ネットで印旛沼のペリカンを検索したら「1994年に住み着いた」との記事を複数発見。
どうやら常磐公園脱走ペリカンとは別物のようです。
残念。
ちなみに、ネットで検索したら、テレビで紹介していた「ガーくん」ではなく「カンタ君」と紹介されているのが大半。
いつから改名したのかわかりませんが、「カンタ君」は「カッタ君」もじりなんでしょうねえ。
関連記事
  1. 2017/06/24(土) 20:11:10|
  2. 日々あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/2113-bafa2972
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<7月1日のズムサタに雲林寺登場!(予定) | ホーム | ジブリレイアウト展をリベンジする>>