山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

京都 高山寺と明恵上人 - 特別公開 鳥獣戯画 - をぶろぐるぽ
週末は仕事がらみでお子様連れの団体さんと自然体験。
元気なお子様と、見守りだけのはずがものすごく参加しまくるはめとなり(スタッフの中でこれでも一番若手・・・)、筋肉痛がいまだ続いています。

その前の週は職場旅行。
DSC02698_20161101230542bfa.jpgDSC02703.jpg
予想以上に激しく損傷していた熊本城をボランティアガイドさんの案内で回り、
DSC02732.jpg馬づくしの昼食食べて
DSC02795.jpg萩と一緒に世界遺産となった三池炭鉱やらと、かなりマニアックなところを回り、翌日は自由行動。
九州国立博物館の「京都 高山寺と明恵上人 - 特別公開 鳥獣戯画 -」を見に行きます。
博多駅まで行ってバスターミナルからでる太宰府までの直通バスに乗ろうとしたら、かなり並んでいたのと、周囲の話からバスだと渋滞の危険性が、ということで路程変更。
博多駅の別のバス停から西鉄の薬院駅まで行こうとしたら、泊まってた博多八百治ホテル近くのバス停もしっかり通ってたということもありつつ、薬院駅から西鉄鉄道に乗り換えて、無事太宰府到着。
九博にはちょうど開館時間の9時半前に到着し、行列は外までいっていなかったものの、どうやら特別展の土日は9時から開館していたようで、既にいったら40分待ち、実際には50分近く待たされました。
DSC02853.jpg
見終わって、下の行列を見たら、まだ来た時と同じくらい並んでいました。
それでも、前の台湾故宮博物館展ほどではなかったので、余裕で荷物はリターン式コインロッカーに詰め込んで見学できたのでした。

展覧会は当然撮影禁止なんですが、九州国立博物館では「ぶろぐるぽ」という、登録したら写真を貸し出してくれるという便利な制度があります。
帰ってから、三度目の登録をします。
これまではいつもすぐに返信がくるのに今回はお返事がこなくて、再エントリーしてお許しいただけました(ということがあったもので、ちょっとネタにするのが遅くなる)
九博
お目当てはやっぱり、鳥獣戯画。
修復されたばかりということで、ちょうど行く直前に現在の順番ができた当初と異なっていたことが判明、なんてニュースもあったりしました。
その部分は後期に公開ってことで、見たのは違うところでしたが(笑)

ただ、今回の展覧会のメインは題名のとおり、高山寺と開祖の明恵上人でして、そちら関連の展示が色々で楽しめました。
個人的には、鳥獣戯画を最後に持って行ったほうが、お客がさばけそうな気もするんですけどねえ。

帰りには
DSC02860.jpg西鉄の観光列車、旅人にも乗れてラッキーだったのでした。
関連記事
  1. 2016/11/01(火) 23:33:13|
  2. 旅の一コマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/2063-e12cd55b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<スターダストレビュー35周年コンサートツアー「スタレビ」に行く | ホーム | 出遅れた・・・>>