山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

宮島水族館で遊ぶ
8月最後の週末。
たまたまテレビで見た宮島水族館の映像から、行こうかということになり、ちょうど共立メンテナンスの受託のお宿「みやじま杜の宿」が水族館の前にあることもありまして、3日前に急遽予約を入れて行ってきました。
急遽過ぎて、久々に優待券使わずの宿泊(笑)

仕入れたネタ込みでの感想は次回として、改装してから初めての宮島水族館。
自分の旅行記で確認したところ、2007年に行って以来。
旅行日が今回の近いので、多分、旦那の誕生日を口実に行ってるような気がします。
今回も、名目は誕生祝で旅行ですので。
宮島水族館
お宿の入口(登り口というべきか)からの水族館。
徒歩1分もかからないので、朝散歩してたら、海獣の声も聞こえてました。
最初は宿に荷物を預ける予定が、入口にリターン式のコインロッカーがあることが判明して、そちらに預けて身軽に見学。

DSC05502.jpg日本唯一らしい牡蠣筏の展示に
DSC05513.jpgひっくり返ったままジタバタしているカブトガニを見て、

アシカショー。
せっかくなので、真正面を陣取ります。
DSC05616_201508310729263dd.jpg前に座ってたご家族連れのお母さんがかなりノリのよい方で、高倍率なアシカの輪投げをゲットされた後に
DSC05625_20150831072928c5e.jpgアシカのキスもゲットされました。席が前だったおかげで、ブログ掲載の許可もちゃんと撮れて、こちらもラッキーでした。

感じとして、子供にはキスは難しいから(実際輪投げもいざとなるとしり込みする子もいたりしますから)、大人も混ぜるようにしているようでした。
そういえば静岡の水族館で、イルカとサッカーで、若いお兄ちゃんには手加減抜きの容赦ないボールが飛んでたのを思い出しました。
DSC05655.jpg
ショーは割と無難な内容でした。
宮島は廿日市ということもあり、廿日市発祥のけん玉を使った芸もあったくらいでしょうか。

と、書いてたら、つけっぱなしのテレビから、リアルタイムでZIPの犬旅が廿日市でけん玉やってるのが流れてました。
水族館で遊んでいた頃に対岸でロケをしていたようです。

ということもありつつ、この後、コツメカワウソの水槽を通ったら、ちょうど中をお掃除中。
カワウソの水槽小さいのが通路を挟んで2つあります。
その前に通った時には気付かなかったんですが、通路の上にはチューブ。
天井に水をかけてるなあ、と思ったら、チューブの中に水をいれてまして、そのおかげかどうかは分かりませんが、ずっと下を走り回ってたカワウソ君たち、
DSC05685.jpg上に上がって
DSC05687.jpgチューブの中を通って行ったのでした。

日曜日ということもあってか、団体客含めてかなりのお客さんになりましたが、朝イチ水族館は色々遊べてラッキーだったのでした。
関連記事
  1. 2015/08/31(月) 07:50:06|
  2. 旅の一コマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1936-63558c70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<国民宿舎みやじま杜の宿でLa Vista 富士河口湖情報をゲットする(ついでに今後の開業予定) | ホーム | 鳴滝地ビールサン・レミ・ド・プロバンスのランチビュッフェ(平日限定)>>