山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

てしま旅館から営業終了のお知らせ(平成27年10月末)
先日から、テレビで「秘密の県民ショー」の次回で、山口県の秘密のスイーツが登場すると宣伝中。
おかげさまでと言うか、早くもアクセス解析にその手のキーワードが入ってきています。
最初はよくわからなかったんですが、某広報紙に載ってた予告に「萩市で果物をまるごと1個使った」と書いてあったので、まずアレでしょうね。(あえて書かない)
昔「嵐にしやがれ」でホンジャマカの石塚さんが手土産で持ってきて絶賛(と川棚グランドホテル探検時にお土産コーナーで宣伝)してたり、ZIPの一番最初の犬連れ旅でも登場してたから、インパクトはあるみたいです。
夏みかんの丸漬けあ、写真ありました。多分、紹介されるのは老舗の別のお店のと思います。
スイーツというか、和菓子と言った方がしっくりします。
というか、あれって お土産品とか贈答品ってイメージで、普段からおやつで食べてる人っているのかな??
一度食べたときも、なにかのイベントのパーティーでの持ち込み品。
みんなでシェアして食べるのに適当なサイズなので、甘いもの好きでも一人で食べるのは荷が重そうです。

これで、実は「手まり柑」(丸ごとという点では一致するけど、似たようなのは他県にも結構あるのでこれではないような気がします)
だったり、大穴で楊貴妃の桃(ほとんど流通してないし生で食べるだろうから違うでしょう)とかだったりしたら、笑えます。
【6月25日追記】
やっぱり、夏みかんの丸漬けでした。取材が光國本店だったのも予想通り。
予想外だったのは、前田吟氏の「中岡慎太郎」が地元発言。
以前に山本譲二さんも津和野を山口県と言っちゃうし、スタッフ、この手の失言はチェックしないのかなあ。

と、前置きが長くなりすぎて、本題。
てしま旅館からメールがきました。
初めてお食事したときに、山口県人限定メンバーズカードの登録をしてますもので、ときどき宣伝メール(ほとんどが「急なキャンセルがでたので安くします」)がきて、クリスマスに安プランがでたときは探検しにいったこともあります。
しかし、今回はプランのご案内はご案内でしたが、
「閉店感謝の特別プラン」!!
10月末で旅館の営業は終了だそうです。
来たメールの文章はそのままサイトの方にも掲載されてます。
宿泊に行った時から、そろそろハード面の改修が必要かなあ、と思う部分があったので、これからはショップの方を本業にされるのかな?、と思ったんですが、職場でこの話をしましたところ、事情通の人からの情報では、建物もしっかり利用して今もやってる別業態の方を専門にされるのでは、という説も出て、どちらにしろ、旅館業はやめても、これからもご活躍はされそうです。
宿屋の前にできてるエスニック料理のお店の今後が気になるところですが、エスニック苦手だから偵察ついでに聞きに行くのは難しそうだなあ・・・
関連記事
  1. 2015/06/24(水) 07:42:34|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1912-7883ab09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<香山公園の季節ネタ | ホーム | 十朋亭休館のお知らせと洞春寺の災難>>