山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

世界遺産候補の恵美須ヶ鼻造船所跡と大板山たたら製鉄遺跡と猫寺雲林寺を見に行く
連休中の大きなニュースといえば、世界遺産勧告に、明治日本の産業革命遺産として、山口県でも萩市の4史跡が入ったということ。
時代背景を整理して広範囲の今回の登録申請、史跡の規模等を考えると、若干、萩は棚ボタ気味な気もしなくもないけれど・・・。

松下村塾や反射炉は何度か行っていますが、恵美須ヶ鼻造船所跡は名前しか知らないし、大板山たたら製鉄遺跡に至っては新聞報道で初めて知った始末。
五重塔でボランティアガイドしてると、しばしば次は萩に行くってお客さんがいますので、多少の情報は持っておかないとなあ、と、ちょうど萩美術館の花燃ゆ展が5月24日までなので、見に行きついでに巡ってくることにしました。

9時過ぎに萩美術館浦上記念館に行き、色々見ごたえある史料のあった花燃ゆ展を見て、期間中無料だったので通常展示も見て、と結構時間をとって、11時前頃に過恵美須ヶ鼻造船所跡に行ってみます。
萩しーまーとや同じく遺産候補になった萩反射炉の近くです。
反射炉はセブンイレブンが目印
反射炉にも人が来ているなあ、と横目に見つつ、カーナビに従って進むと、萩在住時代に時々行ってたレスト喫茶康安(表示はローマ字)から港方面に進んですぐでした。
臨時駐車場が漁協にできてたものの、「近くまで車で行けますよ」とのことで、そのまま進んで突当りの造船所跡に無事到着。
造船所跡というか岸壁跡?
港の眺めのいいところでしたが、肝心の史跡は、今見られるのはここだけ。
発掘調査はこれから発掘調査はこれからという、なかなか微妙な史跡でした。
とはいえ、やっぱり観光客は格段に増えたそうで、ちょうど名古屋からのご夫婦さんがきていて、今夜は福岡ってことだったので、191号線ルートの千畳敷と角島をお勧めと勝手にガイドしておきました。
萩のガイドさんによりますと、反射炉には連休中多い時で1時間で20人来たとのこと。
少ないようですが、日頃を知ってると、すごい増加です。

このリーフレット初めて見ました
立派なリーフレットもいただき、実はこっちの方が整備されているときいて、大板山たたら遺跡へ。
旧福栄村です。カーナビにも入ってませんでした(しかし、なぜかスマホのマップアプリには入っていた)が、ガイドさんに聞いて、松陰神社横の阿東・福栄方面の道を走り(松陰神社のこっち側にも無料駐車場ができてました。正面駐車場が混んでる時はこちらを使うといいです)、見に行く前に早めに昼食に立ち寄ろうかと言ってたハピネスふくえの手前で表示があったので、先に行くことにしました。
看板見逃さなければ問題なくいけます
ガイドさんから聞いてた以上にかなり看板が出ていて、細いながらも気を付けて通ればそれなりに離合箇所もある道を走り、山の口ダムを過ぎてちょっとすると、無事に到着。
写真データを見ると11時40分頃だから、おおよそ松陰神社から3~40分くらいってところでしょうか?
平成26年に整備されてる駐車場
駐車場に小さな休憩所に、トイレは洋式水洗が完備され、さらに地元の人が常駐してる(さすがに冬場は休業、ガイドさんも土日はいるらしい)と、本当に整ってました。
森林浴にもいいかも
なかなか面白い復元図
大体の状況

恵美須ヶ鼻造船所で船の原料として製鉄を行っていた史跡の規模はそんなに大きなものではないですが、ガイドさんの説明で当時の製鉄の方法等がよくわかり、「もののけ姫」のもののけのたたらに対する怒りの理由も、より納得。
山奥の史跡の周囲では鳥がさえずりまくってまして、バードウォッチングにもかなりいい場所なんじゃないでしょうか?
ちなみにこの史跡、当初は萩市も世界遺産登録史跡にしていなかったのが、事前調査の段階で、イコモス側からここも入れるようにとのアドバイスがあったそうで、素人には分からないけれど史跡としては非常に重要なようでした。

この後、せっかくここまで来たので、さらに足を延ばして、かねてから行きたかった旧むつみ村の雲林寺に立ち寄ります。
カーナビに従ったら、30分もかからずに到着。
猫寺としてここ数年で有名になった、天樹院の末寺にあたる雲林寺
いとこのブログに作った猫を納品したときの模様がしばしば載ってたので行ってみたかったのです。
訪れる人が増えたようで、大型バス用(多分1台が限界)に普通車用とそれなりに駐車場が用意されていました。
山門からして猫だらけ猫仏様
住職さんのお話では、猫の彫刻は全部いとこ作。
聞きしに勝る量でして、ほとんどいとこの猫作品展示場と化してました。
はぎにゃんとふみにゃんがお出迎え向こうの部屋の猫神様たちの写真が全く保存されてなかった・・
で、撮りまくったものの、途中からカメラ不調で写っておらず(前も下関の神社?でも不調になってるから仏様が「撮り過ぎ」と怒ってるんだろうか・・・)、これはひまわりの時期にまた行く必要がありそうです。
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2015/05/10(日) 13:04:36|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1898-20385fdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<サビエルカンパーナでランチバイキング | ホーム | 結婚式に神戸に行く>>