山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

狐の足あとのオープニングに便乗する
本日、湯田温泉に観光周遊拠点「狐の足あと」がオープンしました。
オープン記念のイベントの一つに中也記念館が3月29日まで入場無料ってことで便乗します。
中也記念館の館内は撮影禁止。
中也記念館で郵便を出すと風景印がついてくる入口のこちらは大丈夫でした。
記念スタンプで郵便って、上高地で自分あてに出したことがあるなあ。
企画展の地元のカメラマンの写真展やお宝展としての直筆原稿の展示もさることながら、一番のインパクトは、久々にお会いした福田百合子名誉館長にクマを見せたら、「ネズミじゃない?」と言われたことでした・・・

狐の足あとは、中也記念館の目の前です。
旧山銀跡と行ったほうが地元民には分かりやすいでしょうか?
オープニング前来賓が集まりだしているのをこそっと見ながら、それよりも気になる
SL運行始まりました前日から運行が始まったSLやまぐち号を見に行き
移転したサンポヤさん一の坂川沿いから岩崎チェーン湯田店のお向かいに移転してきた、サンポヤさんを見学しに行き、
井上公園の桜見るからに開花直前な井上公園の桜を確認しに行って、再び狐の足あとへ。

テープカットより目立つ名誉館長ゆう子ゆう子ちゃんと
よくわからないけど集まってきていた他県からのお客さんの観光案内を勝手にしながらオープニングを待って、名誉館長らしいゆう子ちゃんにいつものごとく写真を強要して、中を見学。
これまた29日までは無料の足湯は入るのが大変そうなので、
接写はダメだけど風景として撮るなら写真もブログもOKとNHKの担当者に確認2階の花もゆ展を見学し
期間限定というか試験的販売の白狐アイス200円1階のカフェで試験販売な白狐アイスゲット。
油揚げでアイスでくるんで狐形にしたというかなり手間暇がかかった代物です。
味はおいしかったけど、コストパフォーマンスと新幹線のアイス並みの固さは検討の余地ありかな?

この後、偶然会った観光関係者経由で口きいてもらった結果、この日限定であった湯田温泉観光ツアー(事前予約制で、あるのに気付いたのが前日(汗))に混ぜてもらって、色々見学させてもらうことができました。
山頭火に扮したガイドは常盤の女将の息子さん山頭火というより船えもんを連想したガイドさんに案内され
裏から入る松田屋ホテル
松田屋ホテルに西村屋旅館に湯別当野原と、通常の街歩きガイドでは入れないところを色々見せていただき勉強になったのでした。

ガイドツアーや夕方突入した足湯の写真は撮りすぎたので、そのうち4トラベルの旅行記の方で、なんですが、まだ長府の旅行記終わってない・・・

狐の足あとの足湯(通常は有料200円)と中也記念館(300円だったかな?)は3月29日までは入場無料。足湯は入口で手続きが必要です。
狐の足あとの1階カフェと2階は無料で利用できます。WIFIもつながってて、iPadも設置してありました。
おいでませパスポート持ってたら、足湯は割引がきいたはずです(多分)
関連記事
  1. 2015/03/22(日) 23:33:26|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1885-6760445b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<Jasmine.( ジャスミン)でカフェ | ホーム | 向島小学校の蓬莱桜>>