山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

十朋亭(じっぽうてい)横の杉民治私塾とやまぐち維新さんぽのお知らせ
1月の三連休。
十朋亭のお隣にあります、吉田松陰の兄、杉民治(「花燃ゆ」で原田泰造さんがやってる梅太郎)が私塾を開いていたところが公開されたということで見に行きました。

十朋亭の入口家族に乾杯で鶴瓶さんたちが座ってた縁側

やっぱり、テレビ放映後、お客さんが増えたという、十朋亭。
ちょうど来られてた、防府からのお客さんとアートフル山口でもご活躍中のご夫婦さんと一緒に、隣の杉私塾を見学。

初公開の杉私塾(伝)
中には入れません

以前の状態を知ってるアートフルの知り合いによりますと、畳や戸は以前にはなかったそうで、「入ってる戸の種類が違う」とのするどい突っ込みもありました。
ちなみにここも十朋亭の元の所有者、萬代家のものだったそうです。
そのうち、母屋の方も一般公開されそうで、こちらも期待ですねえ。

見学後、大路ロビーに知り合いがいたもので遊びに行ったら、出てきたのは
久坂玄瑞の湯呑(レプリカ)イベントで見たことある、久坂玄瑞の湯呑・・・のレプリカ。
新しく販売するのかと思ったら、2月からのイベントで協賛店舗にて使用するものだそうです。
2月21日から維新さんぽ
これまでも季節ごとに様々なイベントをやってますが、今回は大河ドラマもあるし気合入ってるみたいで楽しみです。

やまぐち維新さんぽのリーフレットは大路ロビーのサイトからダウンロードできます。
関連記事
  1. 2015/01/13(火) 00:45:25|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1862-9e7b61f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<コラソンでランチパスポート&カフェ | ホーム | 花燃ゆドラマ館とパネル展>>