山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

英雲荘でお茶をする
防府に行きついでに、英雲荘に行ってきました。
山口から行った場合は、天神様への交差点を右折して、道なりにずっと走れば看板が見つけられます。
萩往還の重要な要所であった三田尻に造られた御茶屋であり、幕末では七卿落ちの面々が滞在した場所でもあります。
新聞で、市民から提供の幕末のお宝展示をやっていて、その期間は入場無料と出ていたからです。
実は以前にも見学を試みたものの、駐車場の位置がわからず断念したことがありましたが、今回は無事にたどり着けました。
英雲荘入口
ただ、行ってみたら、
撮影禁止は特別展対応展示物は個人の所有物ってことで、この期間だけは館内の撮影は禁止でした。

来年1月からいよいよ「花燃ゆ」が始まるってことで、その関連の説明文が多かったです。
なにせ、楫取素彦と文(この時代では美和子)が晩年を過ごし、お墓もある防府市ですから、力入りますよねえ。
広さの割にかなりボランティアガイドっぽい人が多かったのも、これから増えるであろう観光客対応と思われました。

以前にネタにしました、菜香亭で結婚祝賀会をやったボランティアガイド仲間の旦那様が、龍福寺と並行する形で英雲荘の修復工事にも携われてまして、現在の写真を撮って送ろうかと思ったんだけど、撮影禁止じゃ無理だなあ、と思ったら、館内はだめだけどお庭はいいとのこと。
お庭はこれから調査だそうですもっとも、こちらはこれから調査開始ってことで、以前の改修工事とは関係ないようでした。
せっかく入場料(300円)が浮いたので、お庭を見ながら御抹茶(菓子付300円)しました。
御抹茶
土日祝日はされているそうです。

館内の写真も、遠くないうちには撮れそうです(多分)
「幕末維新 市民のお宝展」は11月30日まで開催です。
関連記事
  1. 2014/11/29(土) 23:13:09|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1841-6279481a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<今年も日本のクリスマスは山口から | ホーム | きらら浜ミニジャンボリーでゆるきゃらと遊ぶ>>