山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

佐波川の泳ぐ鯉のぼりと端午の節句なあれこれ
一貫野の藤の帰り道。
DSC01590.jpg
仁保川の鯉こいのぼりは、気のせいか年々増えているような気がします。
丁度信号待ちで、パラボラアンテナも入れて撮れました。

日中は昨日からの大掃除。
いつものことながら、ごみ袋の中は確実に増えるのに、ちっとも片付いたように見えません。
いい加減あきたもので、ちょっと実家に顔を出そうとしたものの、茶菓子を買ってから連絡したら、常磐公園に行ってるとのこと。
その時点で防府まで来てたので、どこかで時間をつぶそうかと考えた結果、以前見に行って終わってた、佐波川のこいのぼりを見に行くことにしました。

やっぱり道がわからず、岸見まで行っちゃって、防府側の道の方がわかるかと、橋を渡ればちょうどあさむらイチゴ園のところでした。
年々広くなってる駐車場に車が入りきらずにプチ渋滞になってるところをよけつつ橋を渡り、道路越しに見た感じ、ソフトクリームを買い求めるお客さんが20人くらいの行列になってました。
以前に、「連休の時はイートインスペースはコーンの置き場になるから使えない」って言われてたのに納得。
今年もそうだったかどうかは分かりませんが、外で食べてるお客さんは多かったように見えました。

しばらく防府側に戻りながら走っていくと、ようやく目印の赤い橋(中央橋というらしい)発見。
小野小学校方面への小さな看板あたりで曲がって橋の上で、ようやくお目当て発見。
といっても、橋の上では停まれませんので、渡って駐車場に停めて、てくてく見に行きます。
下から
橋の下だとよくわかりませんが

上から4列橋の上から見ると、意外と多い鯉のぼり。
4列に渡って泳いでいます。

DSC01604.jpg水の流れのおかげで、風に吹かれてるよりきれいに泳いでいました。
鯉は上流に泳いで滝を登って、やがて龍になるといわれてますから、縁起がいいですね。
ちょうどサイクリング(というにはすごく本格的)な親子連れさん方も感激されてました。

全く案内とか出てませんで、観光用というより地域のイベント色が強いんでしょうか?
近くの駐車場で遊んでた地元のお子さん方は、鯉のぼりには目もくれず、竹藪のタケノコ引っこ抜いて遊んでおりました。
ちなみに、駐車スペースはたくさんありますが、駐車場に行くルートは橋を渡って、駐車場とは反対側になるので注意が必要です。
防府側にあった看板多分道路工事が終わったら、同じ側からも行けそうな気もしますが・・・


無事に鯉のぼりも見られまして、親も帰宅したようなので、実家に行き、お茶受けは
花かごの和菓子右田の花かごさんの、端午の節句な和菓子だったのでした。
関連記事
  1. 2014/05/04(日) 23:06:15|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1765-9f87e9f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<サビエルカンパーナでディナー | ホーム | 速報!一貫野の藤と、ただいまパークロード渋滞中>>