山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

日本丸のセイルドリル
職場旅行で下関に春帆楼でフグフルコースして宴会終了後。
窓の外には門司の夜景に、なにやらライト。
ちょうど日本丸と海王丸が停泊していて、帆に伝ってたライティングの明かりでした。
その時には明日には出港っぽいことを聞いてたんですが、翌日自由行動で門司に行ってみましたら、月曜(18日)に出発ということで、まだ停泊中でした。

でもって、土曜(16日)はセイルドリル、日曜(17日)は内部公開。
ドリルと聞いて勝手に「ドリル演奏?」って思っちゃいましたが、帆を揚げる練習のことでした。
門司港到着直後に見に行く門司港に着いた直後に船の見物しつつ、看板でセイルドリルの時間を確認。

そのあと門司港レトロ散策をしながら、ちょうどイベントで歩いてた、
イベントで歩いてたバナナマンとブラックバナナマン
バナナマンとブラックバナナマン(敵役かと思いきや、エコなバナナマンらしい)にクマとツーショットなんぞしてもらいながら午前中はあっという間に終了。

ちょうど昼食会場が船のすぐ横だったもので、昼食もそこそこに(と言いながらバイキングで3往復したけれど)、セイルドリル見学です。
人が集まるセイルドリル周囲には屋台も出てるし、大勢の人が集まってました。

解説の放送もかかりつつ、あくまで訓練なので、一つ一つ確認しながら作業。
途中時々はマストに人が!

帆が全部上がったのが開始から約1時間後でした。
バス出発直前幸いにも見届けてから出発できました。

その後、門司港インターが工事のためしばらく通行止めってことで、大渋滞していた関門トンネルを門司港出発してから約40分後にようやく通過。
バスの運転手さんもこんなに渋滞したのは初めてってことでしたから、工事の影響はかなりのものです。
そのあとは順調に進んで、無事帰ってくることができたのでした。

ちなみに、17日の内部公開も2年前(?)のこれも偶然遭遇した護衛艦しらね旅行記見る限り、

かなり混雑しそうというか、天気がちょっと心配なので、要注意と思われます。

関連記事
  1. 2013/11/16(土) 22:24:34|
  2. 旅の一コマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1693-2103df6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<黒執事と2015年の大河ドラマ | ホーム | 今日の夕食場所 ~春帆楼でフグ~>>