山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

YCAM10周年イベント「LIFE – WELL」を野田神社に見に行く
今朝、新聞を見たら、昨日SL(C56のポニー)が試運転してたそうです。
見たかった・・・
11月2日、3日に新山口地福間の部分運行という形で走る「SLがんばろう山口・津和野号」。
発売初日にチケット売り切れってことでしたが、日本旅行だったかJR西日本の系列旅行会社だったかが企画しているSL乗車を含む日帰り旅行の枠はまだ残っているらしいです。
どうも今回のSLは片道運行で、帰りのディーゼル機関車で引っ張って帰るのには乗れないっぽいので、むしろ帰りまで確保されてる旅行会社の企画旅行の方が使い勝手がいいのかもしれません。
3日は外せない用事があるので、2日だったらと思いつつ旦那は付きあってくれそうにないので、行けたら撮り鉄ってところでしょうか。

SLが走る11月2日、3日には他にも色々イベントがあります。
山口市情報芸術センターYCAMが10周年を記念して春から色々イベントをやってる中で、坂本龍一氏が関わる「LIFE-WELL」。
2日にコンサート(有料)が開かれますが、関連イベント「LIFE-WELLインスタレーション」が野田神社内の池で実施されます。
こないだから土日中心で実施されてまして、27日に菜香亭の七卿落ち展見に行きついでに行ってきました。
野田神社と豊栄神社には、ガイド研修や近畿ツーリストのさくらウォークツアーの手伝い等々で何度となく行ってますが、さくらツアー以来見たことないくらい人が来てました。
・・・と言っても数十人程度でしたけれど。
やっぱり、さくらウォークの時が一番の人手かな。


色々恩恵があった、さくらウォーク旅行記はこちらから。

多分、さくらウォークの人数超えるのは2日のコンサートの時くらいでしょう。

坂本龍一氏が山口市内を見て歩いて気に入ったという場所で、

無理矢理パノラマモード

霧と音楽の共演。
スタッフさんの説明によりますと、15分ごとに霧がでまして、その動きをセンサーで感知して音楽が奏でらせるそうです。

なかなか幻想的なかなか幻想的です。

仕掛けの方は
橋の下に仕掛け橋の下にありました。
時間帯によっては、くっきり見えたり、全く見えなかったり。
風向きによるのか量によるのか分かりませんが、地面に霧が流れきます。
風向きにより結構流れてる霧見えるかな。

見学者はイベント目当てではありますが、野田神社には
百万一心の碑も見て帰ってほしいなあ
百万一心の碑(安芸吉田城のいまだ行方不明の碑の拓本から作られたもの)とか、以前は野田学園内にあった能楽堂とか、隣には菜香亭もあって色々見るものありますから、ついでに見学していってもらいたいものです。





関連記事
  1. 2013/10/29(火) 08:12:58|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1685-62e4d143
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<連休にはイベントだらけなあれこれ | ホーム | ヤマミイに初遭遇>>