山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

磯くらの昼と夜
先日の茶花展のあと、ランチに行きました。
行ったことないところに行きたいと母が言うので、防長苑のレストラン旬花にランチに行ってみましたが、目当ての旬彩御膳等定食類は平日のみで、土日は選べるメインディっシュにバイキングのみ。
食べ過ぎになるのが目に見えてるのであきらめ、たまたま同じ時に防長苑に来ていた見ず知らずのおば様2人と一緒にランチ先を探して、最終的に自分的に定番、磯くらへ。
元東京庵の跡地にある居酒屋さん。
ここは以前母に紹介して大好評だったので、「行ったことない」とは外れますが、定食類色々あるから、初見もあるかな、ということで。

個人的には防長苑から近い山形屋にしたかったけど、ラーメンは却下されたのでした。

久しぶりに昼時に行ったら、メニューがすっかり変わってました
昼のメニューが写真付きになってました写真付き。
分かりやすくなってよかったです。

最終的にはいつもの磯くらランチ。
最近の定番、磯くらランチ1000円コーヒー(正直量は少なめ付いて1000円はお得です。
来るたびに内容が変わっています。毎回内容が変わってくるので、飽きがこなくてよいです。
一緒に行ったおばさま方は海鮮丼880円。
さすがに初対面では「写真撮らせて」とは言えませんでしたが、こちらも盛がたっぷりでした。
ちなみに、追加でコーヒー頼まれたら(いそくらランチ以外は付いていない)、250円でした。
初対面とは思えないほど話が弾み(主にしゃべりまくってたのは母でしたが)、楽しいランチでした。

磯くら、ちょうど5月に久々に夜行った写真を使ってなかったので、ついでに。
夜メニュー5月時点本日メニューもあります
夜メニューはものすごく豊富です。

お刺身盛り合わせ1500円かなりお得感の強いお刺身盛1500円。

生ハムサラダ、頼んでハーフサイズ475円
サラダ、居酒屋のは量多いからなあ、と思ったらハーフにもしてもらえます。
これでも結構ありました。
ちなみに値段はハーフじゃなくて2/3程度?

磯くらのお勧めは炭火焼。
おいしいのもさることながら、マスターが要領よく焼かれるので、あまり待たされません。
(と、以前夜来て裏方の揚げ物系で散々待たされたことのある経験者は語る。最近は改善されたようです)

長州もも焼き750円お肉系は地元産が多いですけれど、
縞ホッケハーフ680円意外と炉端焼きの魚は北海道産が多かったりします。
まあ、旦那の好きなホッケとかは、このあたりじゃとれませんけどね。

初めてデザート頼んだら、
妙に御洒落にでてきたデザート妙に御洒落系で出てきたのでした。

お酒なしで、他に数品頼んで2人で7000円ちょっとと普段よりかかっちゃったのは、ちょっとした記念日ということで普段よりお値段よろしいのを頼み過ぎたのとデザート付けたのが要因かな。

【平成27年追記】
現在、磯くらのランチ営業はされてません。夜のみ営業です。
オープン初期からお世話になってた大将もやめられてしまいました。残念です。

多分、27年冬のノロウィルス騒動で過分すぎるお見舞金を払い過ぎたのが原因じゃないかなあ、と被害者になった当人は思う。
関連記事
  1. 2013/06/24(月) 07:33:43|
  2. 食べ歩き?(山口市)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1634-f8701dcc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<20時からNHKで山口市御紹介!&焼き菓子のYAOZE | ホーム | 電遊館の茶花展での再会とちょっとした情報提供>>