山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

旅サラダに下関登場
旅サラダを見ていたら、里見浩太朗さんが、山口の旅。
ほぼ下関市内で侍を巡る旅。

でてきたところ。
まず旅番組で下関ときたらほぼ100%でてくる、唐戸市場。
お寿司とかを市場全体で販売するのは、馬関市のときだけで毎日やってません。金・土・日・祝日だったかな?
ウチワ海老見て旦那曰く「ビラ星人(ウルトラマンにでてきたそうな)みたいで食べられん」。
・・・たしかホテル楊貴館泊った時にお刺身で出てきて食べてたけどなあ。

長府はやっぱり功山寺。奇兵隊旗揚げの地です。
未だに入ったことのない長府博物館では、普段公開していない坂本龍馬の新政府綱領八策がでました。
船中八策ってやつですよね。
薩長同盟の裏書が登場するかと思ったんですが、これまで所蔵されているとは思いませんでした。

川棚温泉に移動し瓦そば。やっぱりたかせ本店。
憶測ですが、本店の休館日に撮影してたんじゃないでしょうか。たかせ、本店・新館・別館と休日ずらして営業してますから。
その後のホテルの夕食のフグ刺しが絶対1人前の量じゃなかった(旅番組ではよくあるパターン)だけに、ちゃんと瓦そばが1人前の量で出てきたあたりが良心的です。

お泊り。先週行ってきました小天狗さんろじかと期待しましたが、定番の川棚グランドホテル。
宿泊の臥竜梅は、ずいぶん昔に奮発して日帰りプランで利用した離れ形式の宿泊棟。部屋は違ってました。


既に8年前くらいなる、泊ったふり旅行記

多分露天風呂付きの部屋なんでしょうねえ。
ちなみに、テレビで出ていたお値段(25,000円~)は明らかに夕食のフグプランではない平日宿泊価格、このたびのさんろじとほぼ同程度。
週休日や年末年始料金はかなり上がってたので、それで考えると、さんろじのコストパフォーマンスってよかったんだなあ。

2日目。
ヘリコプターで巌流島上陸は、大物ゲストだからできた感じでした。
遊覧飛行は、週末海響館近くの広場に乗り場ができてます。遊覧中に着陸することは通常ありません。

最後だけ秋吉台で景清洞。
定番秋芳洞でなく景清洞なのも、テーマが侍だからなんでしょうねえ。



おちゃめにヘルメットを天井にぶつけるシーンが登場してましたが、探検コースは最後は這いつくばらないと通れないコース。
さすがにそういうシーンは使えなかったようです。
ちなみに景清洞、洞窟を味わうという点では探検コースが長いので秋芳洞より楽しめますが、正直地元民でも意外と名前しか知られてないところだったりします。
関連記事
  1. 2013/01/05(土) 09:53:34|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1558-f1db8f0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<山口市のどんど焼き情報2013 | ホーム | あけましておめでとうございます>>