山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

アーツ&クラフツ2012
10月の山口市のイベントはアートふる山口が定番ですが、ここ数年で浸透してきたのが、情報芸術センター(市立図書館と言った方が地元では通じやすい)前の芝生広場で開催される、アーツ&クラフツ。
今年は10月27日、28日です。
自転車で行ける距離なので、さっそく行ってきました。

情報センター前、既ににぎわい中10時半くらいに行ったらすでに大勢の人で賑わっていました。正直、アートふる山口より出足が早いような。

全国から工芸作家さんがやってきています。
といいながら、ついつい知り合いのところを見かけると寄って行っちゃいます。

いいだガラスさんの光るとんぼ玉いもうとがファンないいだガラスさん。
菜香亭でも作品を取り扱ってます。
色鮮やかなとんぼ玉より、日中日の光にあててると夜は緑色に光ると言うとんぼ玉が気になっちゃいました。

南来流さんの来年の干支のへびさん母の知り合いの娘さん夫婦がやってる朝倉の団地の奥にある南来流(なんくる)さんは、定番の器の他に可愛い蛇さん。写真を撮った後に気がついたことには、一部の蛇さんの帽子は「福」やら「幸」やらが入ってました。来年の干支だから、縁起ものですね。

重田木型さんのうさみみバランスアートふるでよくお見かけしてた重田木型さん。

でもって、県外の作家さんで気になったもの。
静岡県のザ・ファブリックナカノさん。浜松から来られてるみたいです。
手頃な御値段だし、説明も丁寧に色々アドバイスしてくださるのでお勧めです。
4回目の出店らしいんですが、なんで今まで気づかなかったのか??

さんざん悩んで買わなかったけどお勧めの小物入れ3000円奥の小物入れ、布は胴着の布を染め上げたんだそうで丈夫そうだし、紐の部分もアレンジがきくということで、ちょうど首からデジカメぶらさげるのに適当なものを探してたので、すっかり買う気で物色したものの、色合わせでどうしても選びきれず、とりあえず断念。

初めて知ったあずま袋に取っ手取り付けたアイデア商品(?)このあずま袋(初めて知りました)も気になってるしで、なんか明日も行きそうな気配です。

それとこちら、京都のハコエビスさん。
ハトエビスさんのブース商品は主に、だらけた人形と椅子。

なんか力抜けます正面
たしか、「時は金なりではない」という題がついていたような(うろ覚え)。この脱力感がなんともいえない味わいでした。

アーツ&クラフツは、28日は10時~16時までです。
関連記事
  1. 2012/10/27(土) 20:02:36|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1529-10c5cb35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<スープフルの最終日 | ホーム | ちょるる(陣営?)の必死さにちょっとひく >>