山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

バリソバなあれこれ
ここ数カ月、こちらのブログはサボり気味。
原因は多少倦怠期月1ペースで旅行してたものですっかり4トラベル中心になっちゃったこと。
内容も旅行絡みだったりになってるので、ブログタイトルと逸脱しているような。

ということで、当面は山口ネタ。
というか、ことあるごとに撮ってて死蔵寸前の食べ歩きネタ。
たまりすぎてるのでどこから手をつけようかと思ったら、いい具合に昨日のアクセス解析の検索トップが「バリソバ」だったので、バリソバネタで。

バリソバは、庶民的な太麺の皿うどんってところでしょうか。
山口市内のB級グルメとして売り出そうとしているようですが、大内の春来軒(ゆめタウンのほぼ向かい)が商標登録しているそうで、大内の春来軒の系列以外は「バリソバ」を名乗れないのがネックなような。
過去に載せてる、最近のお気に入りのボーリングの森近くの菜々瀬(人に聞いた話では高齢で閉店した大市の春来軒のお弟子さんがやってるらしい)は「あんかけ焼きそば」(固めん指定しないとちょっと軟らかめ)、夜しかやってない湯田温泉の春来館は「やきそば」。

でもって、西門前商店街の端というかアーケードを抜けたところにある春来軒もやきそば表記。
大抵夜行く春来軒西門前店、横に駐車場あり

食券機で買うのは、いつもここにしかないミニセット。
普通サイズだと食べきれません。
ミニセットのバリソバ、これでも食べきれないミニセットの餃子と、ライスは少なめ指定たくあん無し仕様
少なめのバリソバと餃子とライスは少なめ指定。やきそばセットだと、ご飯がおにぎりになります。
バリソバといいながら、最近どこのお店もイマイチ固さがないもので、個人的には昔ながらのバリソバの麺が食べたかったら西門前。注文すると奥の厨房から麺を揚げる音が聞こえてきます。
野菜が大きすぎなのがネックですが、これも「昔はどこもこうだったよなあ」とノスタルジックに浸れるという点ではいいです。
一人で外食がそこそこ苦手だった頃(遠い昔)、ここだけは残業帰りによく行ってました。
久々に行ったけれど、頼まなくてもライスをタクアンなしで出していただけた(漬物苦手)のが、まだ馴染客認定されてるのかなあ、とちょっと嬉しかったのでした。

ついでに、湯田温泉に新たに、と言っても昨年あたりにできた春来軒。ここは大内の系列です。
6月に行ってました。
夜しかやってない湯田温泉のお店夜のみの営業です。

バリソバのメニュー、居酒屋メニューも多数
春来軒のほかにハンマープライスってお店が一緒になってて仕組みが分からずまごつきましたが、普通にバリソバのみの注文可能です。

確か普通の固麺指定750円
正直、大内の系列店は自分の味覚にちょっと合わないことが多いんですが、ここはわりと食べやすくてよかったです。
個人的には、西門前の麺に菜々瀬のスープかけるのが一番好みに合いそうなので、いつの日か、持ち帰りを買って挑戦してみたいものですが、おさまりそうなお皿がないんですよね。
土鍋にでも投入するかなあ。
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/08/30(木) 07:02:11|
  2. 食べ歩き?(山口市)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1502-9dfb3d59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<白福堂のランチ | ホーム | 旅行から戻り>>