山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

明治維新ウォークを案内する
ボランティアガイドの当番日。
日曜日の午前が当番に当たると、通常の香山公園のガイドの他、山口県の観光キャンペーンの一環の古地図で巡る明治維新ウォークもあります。
10時集合で2時間の町歩き。
最初に企画を聞いた時は、正直「参加する人いるのかな?」と思ってましたが、3月から始まってこれまで参加者0ってことはないようです。
ウォーキングが趣味の方が結構聞きつけていらっしゃいます。
この日も、何度も参加されてる20代のお姉さんに、午後から防府のウォーキング参加というグループに、今月萩往還ウォークにも参加する下見を兼ねてのおじさんと、元気な人だらけ。
案内するガイドが一番へばってたような・・・

維新ウォークは2時間と言いながら結構時間が過ぎちゃうという話を他の人から聞いてました。
が、案内前に参加者から防府のウォークに参加予定で向こうの集合が13時って聞いてたので、何がなんでも時間通り12時に終了させないと間に合わない可能性があります。
ということで、藩庁門は外して、香山公園の枕流亭と露山堂を案内し、一の坂川沿いの錦の御旗跡(超マイナーですが、たまたま参加者でここに来たかったという人がいたので寄ってよかったです)経由で、一の坂川と萩往還の竪小路紹介。
ここまでは予定どおり。
せっかくなので立ち寄った伝承センター。
ホタルの養殖場をご紹介して横を通って外にでて、と思ったら、たまたまホタルのお世話している人が来ていて中が拝見できました。採りたてホタル(文化庁?に申請して100匹までは繁殖用に採取できる)の卵の見学という滅多にできないことができまして、これはラッキーだったんですが、予定してなかったので大幅に時間つかっちゃいました。
史跡的に外せない十朋亭を案内して、ウォークルートで外せない菜香亭(基本的にルートはその日のガイドが勝手に決められますが、菜香亭はガイドブックの行き先に明記してあるし、参加料の100円はここの入館料。)をざっくり見学したら時刻は11時45分。
まともに帰ったら時間がかかるので、急遽ショートカットコース。
菜香亭の裏口から地下道に入ると五重塔へは左と表示が出ているんですが、無視して雲谷庵跡を目指します。
で、雲谷庵過ぎてから横道それて、車は絶対に通れない道に入ります。
途中からは田圃道。街歩きから畦道歩きとなりました。
大量のオタマジャクシ、ひさびさに見たなあ。
普通の観光じゃ通らない道に参加者は喜んでましたが、案内する方向音痴は数年ぶりに通ったもので、かなり冷や汗ものでした。
道間違えなくて良かった・・・

ギリギリ12時に五重塔に帰ってこれたのでした。
防府の方は、ちゃんと間にあってるといいなあ。
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/06/10(日) 23:59:38|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1474-55cff12e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<花膳でランチ(長門市) | ホーム | 山形屋で冷やしラーメン>>