山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

洞春寺@やまぐちお宝展とマル住職との遭遇
朝方の雨はかなり降ったのに、日中は晴れわたった1日でした。
昼から仕事に行きましたけどね。
ちょこちょこ愚痴ってたストレスの元が転勤となり、やり残しの仕事は覚悟してるけど、机のお片付けにまで付き合わされた(正確には、いつまでたっても終わりそうにないのろのろぶりでこちらが帰れないので半ば強引に手伝う)あげくに、本人からはパワハラ呼ばわり。
仕事辞めたら訴訟するって言ってるのを聞きながら、「辞めてくれるならすぐやって」と思ったものです。
ま、訴えられても勝つ自信あるし(本人、欠席した歓送迎会でどれだけ他の人からボロボロに言われてたというか言われるだけのことをやってきたのか分かってない)、今までの仕事の経験上、言ったことを実行した試しがないし、そもそも実行するだけのやる気をもってくれてればこんなに苦労はしなかったような・・・

と愚痴るのも今日までになることでしょう。
あとは、居なくなった後で、見つけていない仕事のやり残しがどれだけ出てくるか、です。

仕事に出る前には、心穏やかに、山口お宝展を見に行きました。
ガイドやってる時には、中々自分の好きなところに行けませんので。

瑠璃光寺五重塔の御開帳
御開帳、ずいぶん今日は人が少ないと思ったけれど、考えてみれば、今日明日はコープ祭りで地元民は維新公園に行ってますね。

桜ももう少しで咲くかなあ
五重塔前の桜もだいぶつぼみがふくらんできました。
もうちょっとで楽しめそうですね。

この日のメインは、毎年見ている五重塔の御開帳より、4月1日で終了する、毛利元就の菩提寺、洞春寺(とうしゅんじ)の特別公開。
前の住職さんは観光寺にしたくないとの方針で本堂とか観光客やガイドには見せていなかった(たまたま一緒になったガイドの会の御大談)ということで、多分初めて本堂に上がらせていただきました。
木喰上人の釈迦如来像特別公開、木喰上人の釈迦如来像。
毛利元昭公の扁額も見学できました。

特別公開も気になるけど、こちらも気になるマル住職展開催中
本堂の片隅でやっていたマル住職展。
お寺で飼っている日本犬、マル住職の写真展です。
紀州犬の血統書もさることながら、元々は南禅寺で飼われていたという修業歴(?)、つい最近には山口新聞にも写真入りで掲載されてました。
「マル住職は問答無用かみつきます」の看板は見かけたことがありますが、御本犬には会ったことがありません。
と思ったら、帰り際に遭遇。
マル住職との遭遇
写真を撮ったらちゃんとこちらを見てくれた、賢そうな日本犬さんです。
ただし、なでさせてもらってるときに、住職さん(正確には副住職さんらしいです)から「下からいくと、カプっときます」とのコメント。
でもって、そのあと遭遇した顔見知りのお客さんからは「番犬として優秀ですよ」との感想いただきました。
住職さんが近くにいなかったら、めちゃくちゃ番犬モードになってるそうです。

ということで、看板の警告は素直に受け止め、不用意に近づかないことをお勧めします。

マル住職が登場している、洞春寺さんのブログはこちら
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/03/31(土) 23:33:31|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1438-64746c07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<萩往還を歩く | ホーム | 湯田温泉白狐まつりのちらし>>