FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

山口県立美術館の防府天満宮展
スペインフィエスタでゆるキャラと戯れる前に、行ってきました、山口県立美術館の防府天満宮展
修復を終えた「松崎天神縁起絵巻(まつざきてんじんえんぎえまき)」を制作より七百年目の節目の年に全巻公開。それに合わせての防府天満宮等の天神関連のお宝展示です。11月6日までの開催です。
早く行こうと思いつつ、国体に気をとられてずいぶん遅くになっちゃいました。
パークロードは秋景色です。
パークロード美術館前のレイアウトは大抵このパターン

入館するときにはたと気づきました。
11月1日から7日は山口県では教育文化週間。
県立の美術館や博物館は無料見学できます。
既に前売券を購入してたのでそのまま入り、翌週にまた来ようかなあ、と思い、念のため帰りに入場券売り場で確認したら、無料は常設展示のみとのこと。
始まった当初は期間中は特別展示も無料だったんですけれど(その恩恵で、平等院展は無料で見た)、昨今の県の財政事情ではいたしかたないですよね。

館内は当然ながら撮影禁止。
巫女さん姿の人がいるのは演出かと思いましたら、本物さんでした。
防府天満宮用の受付ができてたのは、午後からの講演会のためだったのかなあ?
正直言ってそんなに混んでないだろうと思ってたら、結構な人出でした。
ちょうど行ったときに学芸員さんによるギャラリートークをしていたので途中まで拝聴。
やっぱり専門家のお話は勉強になりました。
メインが絵巻の全巻展示なので、見るのに時間がかかりましたが、人よりは速いペースで見学終了。
熱心で見ている人はそっとしつつ、そのまま追い越しちゃいましたから。
絵巻は鎌倉本と室町時代の複製本とが存在してまして、期間によりそれぞれを展示替えしているようです。
正直、どっちがどっちか見ただけでは見分けがつきません。
多分、印刷の複製でも気付かないような気がします^^;

太宰府への左遷の際、多々良に立ち寄った際の竿衣のエピソードが絵巻に入ってないのが残念なところ。

今回も1階にカフェができてました。
名前は「雷神」・・・全く雰囲気にはあってないネーミングです。
カフェ雷神
ちょうど旦那がいなかったもので(知り合いに誘われて長門で鬼ごっこやってたらしい)、昼食はここで、と思ったものの、食事よりお茶な感じなのであきらめたのでした。

ちなみに、この日の昼食は、スペインフィエスタのイベントで中村女子高校の皆さんが気合の入った売り込みをしていた女子高生が作成のちょるる鍋、おいしかったけど説明書きがないと名前の意味が分からない安平麩が目立つちょるる鍋(150円と格安)と

友(チング)の冷麺550円、キムチは少なめにしてもらいました久々に行ってみた薬膳茶房友の冷麺(550円)となりました。
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/10/30(日) 22:59:06|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1343-97ce89cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<ついに完結 | ホーム | スペインフェスタでゆるキャラ三昧>>