FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

嵐山花伝抄夜の部 ~貸切風呂補記~


クマ、貸切風呂全制覇

【9月18日追記】

どうなることかと心配していた貸切風呂ですが、大浴場見学のどさくさに紛れて全部見学。
でもって、夜と早朝にちょこまか歩きまわって、クマの洗面器入浴も全制覇だったのでした。

今回の貸切風呂は館内つづき。一角に長屋形式で並んでいます。
露天風呂案内入ってたらランプが点灯の表示。
表示の場所からお風呂までが廊下一直線なので、よその屋外点在タイプみたいに、空いてるから行ってみる間に他の人が先にたどり着いて使えない、ってことは避けられそうです。

そのかわり露天同士が隣合わせなので、水音とかで多少遮られるとはいえ、結構隣の声は聞こえてきます。

造りとしては、脱衣所兼洗面所、露天風呂は洗い場ブースで内風呂は浴槽横に洗い場、でもって浴槽、なんですが全部タイプが違います。

壱の湯は霧の湯。
脱衣場兼洗面所、どこもあります
一の湯のシャワーブース、内風呂タイプは浴槽と一緒
一の湯内風呂は一人タイプ、底は床と一緒
一の湯は霧の湯、ミストサウナ付き
お風呂は陶器タイプの狭めですが、ミストサウナが付いてます。

弐の湯、夢想の湯。
二の湯、夢想の湯秀峰閣の瞑想の湯みたいに暗くなく、浴槽の枕?でゆっくり入れます。
こっちは2人はゆうに入れます。

参の湯、茜の湯。
レンガ造りの三の湯、広さは結構あります、家族向き?ここから露天風呂。
レンガ造りというちょっと京都っぽくない造り。
ラビスタ大雪山を思い出しちゃいます。
こっちの方が広さがあります。家族向き?
ただ、人工炭酸泉ということだったけど、炭酸感覚はイマイチ分からず。
たしかドーミーイン水道橋の人工炭酸風呂が何十分か一度に炭酸投入だったから、そのパターンかな??

四の湯、竹庭の湯。
実は床に問題ありな四の湯洗い場青竹踏み感覚な竹庭の湯
ここも割と広さがあります。浴槽の下の竹が青竹踏みみたいでいい感じ。
ただ、浴槽へのドアがここだけスライド式でなく若干段差があるのと、そのせいかどうかわからないけどちょっと洗い場の床に水がたまりやすいというか水たまり状態になってるという問題点を発見。
このままだと冬場に苦情がきそうなので、共立メンテお得意の開業したと思ったらすぐ改修、を期待してアンケートに書きなぐってきたのでした。

伍の湯、絹の湯。
五の湯、既になんか違う感じ長崎でお気に入りになったシルキーバス
見た目インパクトは、ここが一番です。
ここだけ脱衣場も真っ白調。
シルキーバスも、ドーミーイン長崎以来お気に入りなもので、自分が使ったのも最初だったのでした。

ただ、白すぎな故に虫さんがすぐ発見できるので、虫さんはっぱさん網大活躍だったのでした。
コオロギ1匹救出(笑)
あと、浴槽内の段が見えないので、入る時には気を付けた方がいいなあ、と思ったのでした。
関連記事
  1. 2011/09/17(土) 22:05:18|
  2. ドーミーイン関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント
All Acquisition
下段2つが、個人的には、
好みですねぇ~

ご無理させていませんか?
私は、クマさん入浴シーンが見られて
大満足であります。感謝・感謝!!

  1. 2011/09/18(日) 00:03:49 |
  2. URL |
  3. 犬のおまわりさん #-
  4. [ 編集]
Re: All Acquisition
> 下段2つが、個人的には、
> 好みですねぇ~
私的にも、五の湯の絹の湯が好みでした。
ただ、色が白すぎて足元が見えないのと、虫さんが入るとすぐわかるという欠点もありましたが。
虫さん網、大活躍でした。

夕方は大賑わいでしたが、夕食直後の20時に行ったら、大抵空いてまして、労せずクマ入浴はゲットでした。
自分も、夜朝合わせると、4カ所制覇です。
基本使い勝手を見るだけなので、入っちゃでるの繰り返しでした(笑)
1カ所問題点を発見したのでアンケートに書いたけど、意味がわかったか(それ以前にあの字で読めるのか)不安です。

構造上、貸切湯の長屋状態なので、結構会話が聞こえてくるので、若いカップルさんは要注意ですね。
(私が入ってた時は、幸いというか子供の大はしゃぎくらいなものでした。)
  1. 2011/09/19(月) 14:00:59 |
  2. URL |
  3. くに #-
  4. [ 編集]

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1315-34aaf900
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<帰宅中 | ホーム | 午後の部(嵐山 花伝抄 到着そして裏工作成功)>>