FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

山口紅花舎で女子会
昨日は断続的によく雨が降りました。
山口・防府間の262号線(2年前の記録的豪雨時に土砂崩れして以来、勝坂トンネル付近は1時間に30ミリ以上雨が降ると通行止め)も夕方から通れなくなっちゃいました。

そんななか、久しぶりに食事会。
職場の女性陣で行ったのが、山口紅花舎(こうかしゃ)。
宮野のユースホステルと言った方が、地元民にはなじみがあるような気がします。
行く直前に大雨だったのでどうなることかと危惧したものの、行ってみれば、行きも帰りも車から降りるときはほとんど降らず。晴れ女がいたようです。

山口から車(上司に運転させる・・・)走らせ、仁保の交差点を過ぎて宮野ふれあい館(100円で入れる温泉)へと行く道(山口からは左折)に入って、後はほぼ道なりに。
ふれあい館過ぎて右の道(看板あり)に入り帰りに撮った懐かしのきらら夢交番、いまはるりがくえんの工房なつかしいけどかなり老朽化した感のきらら夢交番を眺めつつ、駐車場に到着。
紅花舎から撮った曲がり角、向かいは駐車場あとで玄関前にも駐車場があることが分かり、移動しました。

予約のみということで、行く機会がなかった山口紅花舎。
レトロな佇まいの紅花舎レトロな佇まいです。
1974年から民営のユースホステルとして活躍されてるそうです。

敷地内の石窯で焼かれる天然酵母パンが食べられる洋食(2人以上)もありますが、今回は4人以上で予約できるそば膳(1900円)にしました。
和室でそば膳かなり広めの和室の部屋で

松花堂弁当お蕎麦
かなりボリュームのある松花堂弁当と手打ちそば。
器は、上司の知り合いの山口市の陶芸家さんの作でした。
ハモやら手まり寿司(できればワサビは少なめがよかったかな笑)やら珍しいものが食べられました。
お蕎麦も期待通りおいしかったです。
実のところ別の日に予約のはずがいっぱいということでこの日に変えたのですが、結果的には貸切状態。
ゆっくり食べられました。
最初はなにか分からなかった天ぷら(これも温かくでてきました)の具はこちら

お食事の後のデザート&コーヒー(か紅茶)は、場所を変えてCafe(といっても予約制のお食事のみしか受けていないそうです)で。
紅花舎cafe6月初めは蛍が飛び交ってたような気がします
置かれた使いこまれてる感のピアノに、さりげに飾られてた「山口紅花舎のボレロ」の楽譜からして、コンサートもされてるようです。

と思ってたら、紅花舎のサイトを拝見したら、先日コンサートがあったばかりのようでした。

抹茶のブリュレ&コーヒーデザートは抹茶のブリュレ。
こちらも貸切、贅沢な女子会となりました。

今も宿泊も可能だそうで(エコノミープランだと2食付き4600円、コースが付くプランで6500円)
いまもユースホステルとして宿泊可能、合宿棟もあるとか1階にあるお部屋も古いながらも和室でいい感じです。
別棟で合宿棟もあるんだとか。
経営されてるご夫婦のこだわりが感じられます。

玄関にあった雑貨もいい感じ。
雑貨もお手軽価格だったもので衝動買いみんなして衝動買いして帰ったのでした。

イベントがあるとき以外は事前予約制、土曜日が定休日だそうです。

関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2011/07/05(火) 07:56:13|
  2. 食べ歩き?(山口市)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1265-3e295751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<自然パン工房 晴香でコーヒータイム | ホーム | 今夜のしゃべくり007で>>