FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

大地の子様レポート ~ 高山桜庵と深山桜庵の夜鳴きそば~
大地の子様が、先日高山桜庵&深山桜庵(ともに飛騨の共立リゾート系)に宿泊され、レポートいただきました。
せっかくリアルタイムに写真を送ってもらったのに、携帯が画素数大きいファイルは削除仕様になっている(というかしていた)もので、それに気付かず部屋の写真等何枚かいただき損ねてしまいました。
画像ファイルは携帯よりパソコンの方がセキュリティ面でも受け取りやすいみたいです。
後でわかったことには、携帯メールを受信前にパソコンへサーバーメールの内容ごと転送しておけば、パソコンで添付ファイルが開けたようでした。(ソフトバンクの場合、他の携帯では不明)

なお、掲載の都合上、いただいたレポート若干編集してます、ご了承ください>大地の子様

いただいたレポート、まずは夜鳴きそば比べ。

~~~ 以下引用 ~~~

高山桜庵の出前夜鳴きそば写真1

「高山桜庵」のものですが、どうもモニタープランのための試作品の気がしてきました。
モニタープランということで、「出前」でした。
明後日には、本番ということで今さらアンケートでもないでしょうし、肩透かしでしたが、ルームサービスということで満足しておきましょう(そろそろ食事処へ行こうかなと準備してたら、突然室内電話で「今からお部屋にお届けします」との案内が)
さて、お味のほうですが、ちじれ麺でボリュームあるなと思ったら、少々延びていました。その分、汁が少なめでしょっぱいという感じです。
出前は何軒(部屋)もあるでしょうしね。
れんげが付いていましたが、その出番はなしでした。
夜鳴きそばは、やっぱり厨房のできたてを順番を待ちながら食べるのが似合ってますね。
ちなみに、こちらのビジネスプランでは、カレーをルームサービスでいただけるものも用意されてます。
もちろん、地酒プランもあります(苦笑)
夕食つきプランでは、和歌山の「海舟」提供の梅酒を嗜むコースもあるようですよ。

本番では提供されないかもしれません。
エレベーターのイラストとはともかく、貼ってあった写真のものとちがいますから。
真偽のほどは、くにさまにぜひ体験していただきたいですね。
ねぎは葉の部分(青いとこ)を細かくきざんであります(あちこちのドーミーインと同じです)
焼き豚が2枚!これは豪華です。

深山桜庵の夜鳴きそば写真2

「深山桜庵」のものです。
高山とのちがいが明かですね。焼き海苔と なるとのかまぼこが光ってます。
高山は、「出前」で胡椒がかかっていなかったので、たっぷりかけましたよ(苦笑)
ねぎは、胴の部分(白いとこ)を斜め切りになってます。
そのため、しゃきしゃきとした食感が楽しめます。


深山桜庵の夜鳴きそば提供場所写真3

「写真2」をズームアウトしたもの。
小生はロビーの囲炉裏でいただきました。
料理人さまのつくっているのを間近に見ながら、できたてを食べると味もちがいますね。
(ルームサービスだとあじけないです)

順番待ちの区別は、あちこちでちがいますが(秋葉では、自己申告でした)

深山は、青札1~10 緑札1~10を配っておられました。

補足
帰宅して、あらためて、くにさまのHPを確認しましたら「お夜食」で紹介されてましたね。
ちがいは、はし袋がついていること、お水がガラスのコップになっていること。
ということであくまでも参考ということで

~~~ 引用終了 ~~~

高山桜庵は未踏なんですよね。
実のところ近日中のお出かけ計画で宿泊地にしかけたんですが、仕事の都合上最終日に職場に顔出す必要がでたので、移動が一日がかりになる高山は断念したのでした。
写真のそばにチャーシューなしって、もしかしてドーミーインでの提供夜鳴きそばの写真の可能性がありますね。
最近、ドーミーインはチャーシューなしのヘルシー系、リゾートはチャーシュー入りと区別されているみたいですので。

深山桜庵も大雪の中行ってから早数年経過。
今のタイプが通常なんでしょう。
囲炉裏がなつかしい・・・
関連記事
  1. 2011/05/25(水) 06:50:33|
  2. ドーミーイン関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2011/05/26(木) 21:30:09 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1243-ddf522d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<安平麩って・・・ | ホーム | 御菓子司 塩埜で知足の手水鉢(防府市)>>