FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

行ったドーミーインをまとめてみる(北海道、東北編)
最初に注意書き】
ドーミーインまとめ記事は、基本、くにが宿泊した時点の情報及びその時の感想です。
古い情報も多く、現在とは、必ずしも一致していないこともあります。
これに限らずクチコミ等個人の感想は、その時の従業員の慣れやら対応やら、客の体調やら気分やらで感じ方が大きく変わってきますから、それなりに話は差し引いてください。
また、クマ連れ旅日記の旅行記は、目次ページを貼りつけてますので、見たいものずきな人は、写真をクリックすれば、旅行記に移ります。

☆ドーミーイン札幌☆

場所:北海道札幌市中央区  狸小路って繁華街、ススキノ近く
宿泊時期:2003年5月
宿泊部屋:和洋室
大浴場:人工温泉男女別
旅行記:なし

宿泊したドーミーイン中、唯一旅行記なし。
クマ連れ旅日記の「クマなし旅(クマ連れ前の旅の記録)」にちょこっと記録してるくらいです。
気に入らなかった訳ではなく、宿泊時にまだデジカメ持ってなかったのです。
デジカメ持つ前は、ほとんど写真を撮ることなく旅行してたんですよね。今じゃ考えられません。
順番としては、なんば、浅草、広島に続き4番目だけど、他はその後も行ったので旅行記作りましたが、なにせ北海道は広すぎ、目的地に行くのに札幌を経由しないケースが多く、以降行く機会がないままです。
ホテル自体は、スキー客対応と思われるロビーに無料のコインロッカーやら、コンビニ型の自販機、部屋にはミニキッチン付きと中々快適でした。
なにより、早朝うろうろしているときに、世間話に付き合ってくれたフロントのHさんが好印象。
旅行後に、今はなき古代蓮物語のサイト掲示板にちらりとそのことを書き込んだら、なぜかご本人が返信を書いてくれました。
数年前まで札幌にいらしたのは確認しているんですが、今もいらっしゃるのかなあ。
なにせ、ドーミーインはむやみやたらと転勤激しく、離職率も妙に高いみたいですから・・・

ちなみに、この時の旅で旦那が新千歳空港にいたリュック背負ったラスカルに一目ぼれして購入。
ケーキは今はなきグリンパークの右の子です。
ウェルネスの森伊東に行く直前まで、クマじゃなくてこの子が旅する予定だったのでしたが、今となってはクマでよかったなと思います。



☆ドーミーイン秋田☆

場所:秋田県秋田市  秋田駅から徒歩5分程度
宿泊時期:2006年8月
宿泊部屋:シングル
大浴場:天然温泉男女別
旅行記:クマ連れ ドーミーイン秋田    4トラベル 02秋田の夜は郷土料理と温泉(秋田・岩手の旅その2)

開業計画があることを知ってから、田沢湖に行きたい旦那に「出来てから」となだめすかせること数年。
開業した年に秋田旅行敢行。
オープン記念のネット料金で泊ろうと思ったら、宿泊予定日にネットでは全く空きなし。
しょうがないのでメールで問い合わせて、定価(をJAF会員特典10%引き)でシングル2室確保。ツインは満室でした。
で、やり取りして分かったのは、宿泊当日は大曲の花火大会の日だったのでした。
たまたまオープンしたばかりで空きがあったようで、不幸中の幸いでした。
宿泊客の99%は花火目当て。
これまで小規模なものが多かったドーミーインにして、客室が300室近い大型ホテルで大浴場が撮れるか危惧していたのが杞憂になった、花火が終わる夜中まで、昼も夜も大浴場ガラガラ状態だったのでした。
ちなみにこの時ホテルで関わった従業員さん、のちに津でもお世話になったのでした。

関連記事

テーマ:国内ホテル旅館情報 - ジャンル:旅行

  1. 2011/01/22(土) 19:41:03|
  2. ドーミーイン関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1154-24c9f98d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<うめてらす | ホーム | ホテル松政の日帰り入浴(第1回)>>