FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

みほり峠のあざみ菜カレーつけ麺セット(若干通常と違う)
今日も暑かったです。
暑かったですが、ちょっと朝夕の風は涼しくなってきたような気がします。

暑いと食事の麺類率が増えます。
先日、帰りが遅くなったもので、外食。
久しぶりにみほり峠に行きました。
外観は夜だし過去に写真を撮ったはず、と撮らなかったら見つかりません。

学生時代には西門前商店街のうなぎの寝床みたいな小さな店によく行っていましたけれど(今は閉店、もしかして1号店だったのかな?)、今では山口市内ではメジャーな和食ファミレスというかファミレスチェーンになっています。
とんかつ一丁やらカルビ王国に加え、以前にネタにしている、まほらとか炉舎(ろのや)とか和み家とか珈紋も系列です。

みほり峠に来たのは目的がありました。
最近、県産小麦「ふくさやか」を使った「地粉うどん」で変わり種のうどんメニューができたそうなので、どんな味だか食べに来たのです。
季節のお便り風メニュー、普通の写真付きのもあります
あざみなカレーつけ麺セットと、黒胡麻坦々つけ麺セットがあります。
お目当てはあざみなです。
宣伝見るまで知らなかったんですが、山口の伝統野菜に「あざみな(多分漢字を充てれば薊菜?)」ってのがあって

脂質代謝改善機能に優れている

だそうです。これは食べねば。

お客のピークは過ぎてたんですけれど(大抵みほり峠は混んでいる)、どうやら夏休みで慣れないバイトの人が多かったようで、普段より待って料理が出てきました。
旦那はかつ丼とうどんのセットがお気に入り旦那のかつ丼セットから、さらに遅れること数分。

あざみなカレーつけ麺セット(1050円)
見た目にびびる
見た目の多さにビックリですが、まあこの手の釜あげうどん用の容器は上げ底ですから・・・と思ったけど、結果的にやっぱりかなりの量でした。
つけ麺セットは手書きメニューに食べ方が載っていました。
1 あざみなの天ぷらを食べる
2 うどんをカレーにつけて食べる
3 残ったカレーに温泉卵とご飯を入れておじや風に

2と3は、最近は中辛カレーも食べられるようになったので問題なく。
問題は1。
盛りつけをばらしてみたものの・・・どれもあざみなに見えないんですが(汗)
メニューの写真としばらく見比べて、入れ忘れというよりあざみなの代わりにイカのゲソ天が入っているんだろうと結論。
これがあざみ菜??・・・と思ったらやっぱり違ってたようですうどんに入ってた細いのがあざみ菜だったんでしょうか?

どうにも気になったもので、帰りにレジのお姉さんに聞いてみたら、あざみなは大きな葉っぱだそうで、うどんに入っていたのも違ってたようです。
なんでも、時期により入荷が少なくて出せない事もあるそうで、それならそうと注文したときに一言お断り入れてほしかったなあ。
メニューに「あざみな」が大々的に出てますから。

もっとも、麺にもあざみなが練りこんであって、そちらがメインのようなので(見た目に気付かなかった・・・)、別に看板に偽りありって訳ではなかったようです。

再挑戦してみたい気もするけれど、量的にちょっと難しいかなあ・・・
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/08/25(水) 23:15:53|
  2. 食べ歩き?(山口市)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1032-c1c9fd75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<本日のプレゼント | ホーム | 湯田温泉にて>>