FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

久しぶりに薔薇足湯と勝手に秋芳洞の状況を推測
連休初日。
午前中は源久寺のハスをSLやまぐち号見学し、仁保の道の駅で本場の夕張メロンとっても甘い夕張メロン1個2200円、5玉で1万円は安いらしい
いただきつつ、野菜買って帰宅。

午後は多少は予定のお掃除してから、思い立って湯田温泉へ。
温泉復活300年記念キャンペーン(11月までのはず)の一環として、土曜日14時から18時限定の薔薇の足湯に入りに行きます。
阿東町合併記念のイベントが、評判が良かったようです。
春からやってたんですけど、なかなか行けなかったのです。

その時の旅行記



3カ所やってるはずがなぜか高田公園には入ってませんでしたが(出荷状況で中止のこともあるとの記事を後で見つけたので、縮小されてたのかも)、観光案内所と湯の香通りで堪能。
観光案内所ピンクの香りが強いらしい(観光客さん談)

湯の香通り野原に宿泊の家族連れさんとご一緒しました。お付き合いありがとうございます。・・・クマ寄りに撮るからほとんど見た目に違いはありませんね。

目撃情報によりますと、時間になるとおじさんが薔薇を大量に入れた袋を持ってきて投入してたそうです。
普段の足湯は地元の人が多いんですが、今日はどちらも観光客さんばかり。
薔薇の足湯は知らずに来た人が多くて喜ばれてました。

この日の夕方からは夏休みのイベントもスタート(主に一部の土曜の夜に観光案内所前でフラメンコ)しました。
初日はゆるキャラゆう太くんの恋人の公募してた名前発表。
残念ながら見に行けませんでしたが、予想どおり名前は「ゆう子」になったようです。
ソースは、ゆう太くんのツイッターから(笑)
ツイッター流行りですね。リアルタイム状況が分かるのは便利そうだけど、携帯料金が跳ね上がりそうなので、今のところ手が出せません。(苦笑)

ところで、やたらと4トラベルの検索ワードに「秋芳洞 水害」が入ってきてるので、観光客さんの中に秋芳洞の状況知ってる人いないかなあ、と思って少し情報収集したんですけど、よくわからず。
17日の花火大会中止は美祢市での被害を考慮してということで、花火帰りに無料通行できる秋芳洞が通れないからという訳ではなさそうですが(美祢市観光サイトからの推測)、よくわからずです。
観光ブログに一言でも状況が入ればいいんですけど、多分それどころではないんでしょう。
ニュースを検索する限り、15日早朝に500メートル(観光洞の約半分)の歩道が水没、鍾乳洞には被害なし→午後には黒谷支洞側(の一部?)を公開してたようです。
ということは、電気系統やられてなければ、2日たつから公開されてると思われます。
念のため、黒谷支洞かエレベーター口(位置的に被害にあってないはず)から入るとよさそうです。
あちらだと駐車場料金もかかりませんから。
全面通れるようでしたら、水に浸かった商店街の方にも行ってあげてください!と個人的には思います。
でも、再入洞料(100円)がかかるのかなあ・・・

どちらかというと、すぐ冒険コースが水没しちゃう景清洞の方が、どうなってるか気になるところですが、なんにもニュースにあがってこないことと山口市寄りということを考えれば大丈夫だったんでしょう。

情報収集してたら、長門市さんは交通案内載せてました。
16日の昼段階だから、既に他のルートが通れるようになってるかもしれませんが、参考まで。
ちなみに、美祢線は当面復旧見込みなしみたいです。
多分代替バスは出るんでしょうが・・・

一刻も早く山口県全体復旧しますように

【7月27日追記】
秋吉台展望台に7月23日に涼みに行きましたら、秋芳洞は既に観光洞全面通れるようになってました。
復旧日は、閉鎖した日から1週間後説と、2日目には全面開いていた説と、地元の人でもバラバラでした(汗)
展望台周辺は当日も全く問題なかったとのこと。とにかく下流の被害がひどかったようです。
災害直後に出張した人が閉鎖していたという、植松交差点(山口市吉敷からの道と小郡からの道の交差点)から秋芳洞への道も問題なかったです。
美祢線は代替バスが始まりました。一部の駅は停まれないようです。
詳しくは美祢市のサイトをどうぞ
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/07/18(日) 07:12:59|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1005-bb82d3ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<願成就温泉にて | ホーム | 源久寺の蓮と久しぶりのSLやまぐち号>>