FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

源久寺の蓮と久しぶりのSLやまぐち号
いもうとから誘いを受けて、急遽仁保の源久寺の大賀蓮を見に行ってきました。
普段に比べて遅めの10時過ぎに行ってみましたら、結構な人出でした。
その割に車が少なかったのは、どうやらグループで来られてたカメラマンさんが多かったようです。

肝心のハスはと言うと、ちょっと少なめ、やっぱり春からの天候不順の影響でしょうか。
それでもきれいですけど、あまり咲いてないです咲いているのはきれいでした。

ハスが少ないので、スイレンを見てたら、スイレンにハチせっせとハチが花粉を集め中でした。

そのあと、そういえばずっと整備中だったC57の運行が始まったはず、と仁保駅へ。
梅小路までお見舞いにいったSLやまぐち号、元気に帰ってきてました。
久々の貴婦人、ツーショットは停まった直後が狙い目
普通は先に着いてるはずの新山口行きの鈍行列車の方が遅かったのは、ダイヤの改正か、昨日まで宮野益田間が運転見合わせだった影響から速度控えめだったのかは、気になるところです。

この後は、いつものようにいつにも増しての状態ホームの客と乗客が入り乱れた状態を眺めつつ、早目に退散したのでした。
それにしても、いつにもまして、カメラマン多め。
特に歩道橋に三脚立ててのおじさんたちが目立ちました。
ちょっとでもいい写真を撮りたいのは分かるんだけど、ホームの向こうで動いてたおじさんに対し「邪魔だ~」と叫んでるおじさんはどうかと思うなあ。
さすがにこれは周りが「あれは弁当の積み込みの人だから」と諫めてましたが、帰り際にもなにやら叫んでた模様。

それ以上に参っちゃったのが
子連れで来ていることに先行き不安を覚えてしまう・・・白線の外側なのに全く意に介してなかったこの女性。
機関士さんが危険だから手を振っても、分かってないのか寸前まで場所を離れず。

なにが一番参ったかって、子ども連れで来ていたんですよねえ。
SLが来る前に小さいお子さんがホームの端でうろちょろしてもお父さんともども注意してるそぶりなく(離れてたので本当にしてなかったか不明だけど、その後これだったからなあ・・・)、お兄ちゃんらしきお子さんが捕まえて引き戻してる状態。
危機意識ない状態で、お子さんが怪我しないことを祈るばかりです。

そうかと思えば、危機管理が増してたのが、
何かあったんでしょうか・・・石炭係。
命綱?付きになってます。
どこかで転落事故でもあったのかなあ。
なんだか鎖につながれてる印象を持っちゃいましたが、落ちた時のことを考えれば、やっぱり見た目より安全第一ですよね。
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/07/17(土) 12:52:42|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://yamakuni.blog53.fc2.com/tb.php/1004-d0d4affe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


<<久しぶりに薔薇足湯と勝手に秋芳洞の状況を推測 | ホーム | 明日から三連休>>