FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

山口周遊観光バス(土日祝日11月末まで)とアートdeおもてなし
9月から11月まで土日祝日期間限定で運行される山口観光周遊バス。
周遊観光バスのポスター

元々乗りに行く予定だったんですが、花博のボランティアでかなり土日をつぶしてしまい、ようやく昨日乗ってきました。
自転車で湯田温泉まで行って、始発に乗車。貸切状態です。
香山公園(瑠璃光寺五重塔)より先に菜香亭に行くのはバスの走りやすさの関係だそうで、ちょっと遠回りに香山公園に行き、普通の観光客なら降りるだろうところをそのまま乗車。ちょうどボランティアガイド仲間がガイドに向かうところを車窓から見つけてご挨拶しながら、次の常栄寺雪舟庭まで行ってきます。
この周遊バスの最大のメリットは、普段路線バスが通らない雪舟庭の近くまで行けること。
観覧券(300円)を買いに行ったら、ライトアップの案内がありました。
ライトアップあります11月の23日の三連休だそうです。

チケット売り場のお姉さんはライトアップの時に紅葉が落ちてるんじゃないかと心配されてましたが、
お寺から雪舟庭池に紅葉
安心してください、手前は落葉しそうですが、奥側のもみじは10月10日現在、まだ紅葉してませんでした。
次のバスが1時間後だったもので往復30分かかる毘沙門堂はあきらめお庭周りを1周して撤収。
今回の収穫は
雪舟さんとちょるるの頭はなんとなく似てる横向きの雪舟さんの頭(僧帽)はちょるるの頭となんとなく似てるということでした。

次に来たバスは1時間前とは違ってまして、ガイドさんも萩往還語り部の会の会長さんでした。
お話聞きたいところですが、ちょっと我慢して次の八坂神社で下車。
八坂神社前
地元民の強みで徒歩で菜香亭に向かいます。行きのバスで見かけた、11日16時までやっているアートdeおもてなしを見に行きます。
いとこが以前参加してたときとだいぶアーティストさんが違ってました。
IMG_2869.jpgフランスのアーティストさんが描いた洞春寺のふすま絵とか
IMG_2878.jpg顔なじみの大殿大路のa.p.rさんのアーティスト作品に
IMG_2882.jpgビジネス作品(販売品)
IMG_2879.jpg東洋美人に包まれてみました。
IMG_2859.jpg周南から出張販売のバターブレンドコーヒーと阿東のハイカラ製作所さんのお菓子(午後から休日出勤したら職場で大好評でした)をテイクアウトして再びバスへ。
湯田温泉まで乗って、再び次の便に乗って降りずに1周。乗り倒します。
次に乗ってくるお客さんは前の便の人たち。
最終の湯田温泉で降りたら、次は防府に行くのに乗る山口線の便が15分後ってことで、道間違うと乗り遅れる可能性が高い(大体駅まで徒歩10分)ってことで駅近くまでお送りして、自転車拾って帰ってたら翠山荘付近をスマホ片手にうろうろする人多数。
どうもあの周辺にポケモンがかなり出没するようです。
まだ流行ってたんですねえ。知らないいものからみると、なかなか異様な面白い光景だったのでした。


関連記事
  1. 2018/11/11(日) 10:02:26|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆめ花博終了
予想外の大盛況で、本日山口ゆめ花博終了。目標の50万人どころか100万人も越えちゃいました。
私の花博ボランティアは10月26日で終了。
最終日にして仕事がらみで行ってきた旦那の話では、思ったよりは混雑してなかったとのこと。大渋滞を警戒して控えた人が多かったのかな?
最終日にはボランティアが集合しての記念撮影のお誘い(+追加ボランティアのお誘い)があったものの、サイトで使われるであろう撮影には極力写りたくたいもので遠慮して、本日は米をもらいに実家に行って親とランチ。
母の日&父の日で兄弟から花博パスポートをプレゼントしたときはたいして興味がなかった両親は、結局私より花博を満喫したようです。
100万人到達したときにも行ってたそうで、初めてその手のセレモニーを見た感想が、「100万人の人に色々商品あげんでも、前後賞とかでたくさんの人に配ればいいのに」
・・・まあ、言わんとすることは分からなくもないけど、やってるときりがないだろうしなあ・・・
天気が悪い時を狙って、日本一高いブランコや竹のコースターにも乗ったようですが、9日に実施される花の谷ゾーンのお花持ち帰りイベントの整理券をもらおうと2日に行ったときは配布された整理券争奪戦に敗れた模様。
昨日ちょうど会ってた友人(花博ボランティアにも参加)もかなり早く行ったのに、整理券もらえず。
かなり抗議していた人も多かったようで、せっかくよかれと思って実施しても、人気が高すぎると不満も色々でてくるようです。
まあ、なんとなく対応もよくなかったんだろうなあ、という想像も、ボランティアやってるときにちょこちょこお客やボランティア仲間から聞いてたこともありましたので想像できますけれど。
ボランティアに行ったときに同じ部署にいた運営委託会社の人に、花を配るか聞いた時はやらないと言ってたのに、その数日後にサイトで花持ち帰りイベントが発表されまして、守秘だったのか中の情報共有ができてないのか謎でした。
ちなみに、委託会社の人は愛・地球博も担当されてたそうで、名古屋は店の開店のお花を持って帰る(というか昔テレビで見たときは強奪状態)風習があるもので、最終日に持って帰ろうとする人を止めるのが大変だったそうです。

聞いた話では、業者お断わり、持ち帰りの用具は持参で、ある程度一人あたりが持ち帰れる量も制限(サイトでイベント発見したときは制限なしみたいになってましたが、とあるところからの情報では整理券配布時には要請があったようです)されたようですが、当日混乱が起きないことを祈るばかりです。

ひとまずは、運営事務局の人、ボランティアで関わった人、皆さまお疲れ様でした。
関連記事
  1. 2018/11/05(月) 00:11:03|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




| ホーム |