FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

大殿ひな散歩の道端ファッションショー
朝起きたら、外は雪国でした。
昨晩から暴風雪警報がでてたし、雪予報だったけど、まさかここまで降るとは、って感じに白くなってます。
幸い家の横の道路の雪は溶けているし、まだスタッドレスタイヤのままだったので、なんとか職場には行けそうです。

2日前は、真逆なくらいにこの時期とは思えない暖かさな晴天の中、大殿ひな散歩のイベントが開催されました。
午前中に市外に用事があったもので、見るのは無理かなあ、と思ったけれど
DSC00080_20150310073435bf9.jpgDSC00078.jpg
途中で久々にあさむらいちご園のいちごソフトが食べられるくらいに、余裕で間に合いました。

混雑するのが分かっていたので、県立図書館に車を停め、店を新規開拓したら思わぬ邂逅もありつつ、大殿大路へ。

ちょうど道端コンサートも開催中。
第1回の時以来かな。
DSC00111_20150310074153822.jpg子供をものともせず演奏続けるべすぱさん。
家では日常茶飯事なんでしょう。

DSC00135.jpg
コンサートが終われば、ファッションショー。
レッドカーペットは第1回のときにはなかったような。

DSC00153.jpg今回は、今年大路ロビーでレンタルを始めた維新の志士の衣装が第1部で、それから本来のスタジオa.p.rの洋服でのファッションショー。
入口前を陣取ってたら、始まる直前にまん前におばちゃんが立って来て悪戦苦闘しつつ(まあ、どっちにしろ全然うまく撮れてなかったんですが)、
DSC00168.jpgモデルはご近所の茶房おかださんとか
DSC00187.jpgプロかと思ったら、実は
DSC00205.jpg観光絡みの知り合いだったりしつつ(最後の紹介があるまで気付きませんでした)、

DSC00202_2015031007530630c.jpg晴天の中、大盛況に終わったのでした。

きれいな写真は、マンタさんのブログでどうぞ
関連記事
  1. 2015/03/10(火) 07:26:53|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花燃ゆクラシックに行って、「鶴瓶の家族に乾杯 山口前編」のおさらいをする
こないだちょこっとネタにした、花燃ゆクラシックに行ってきました。
3月27日に山口県内限定、4月12日には全国放送があるってことで、内容はネタバレになるので追記に書くとしまして。
看板

予想以上にまたされて、11時からの整理券(席の指定)を11時40分くらいにゲットした後、14時半の開始まで、職場の人と大殿小路周辺を散策します。
decoの定食、本日は鮭女性の連れの時は定番のdecoでお昼食べて

DSC00012_20150307234755213.jpg新しく看板ができていた十朋亭や

萬代家のお宝拝見
大路ロビーで長府のネタをいただいたりしつつ、

こないだ食べ損ねたシフォンケーキを食べに茶房おかださんへ。
通常、平日の火水木しか開けてないんですが、ひなさんぽ期間中は土日も開けてらっしゃるそうです。
ただし、3月8日(日)は、スタジオa.p.rさんの道端ファッションショー出演のため、お休みだそうです。

茶房おかだ茶房おかだのおこた
防府からの先客さんのご厚意で、こたつで相席。

鶴瓶の家族に乾杯出演記念鶴瓶さんと井上真央さんに振舞って絶賛されたシフォンケーキは
メニュー、その日により軽食もあり大殿維新さんぽの久坂 de cafe メニューになっています。
ということで頼んだシフォンケーキセット(600円)は
久坂 de cafeのシフォンケーキセット安定のおいしさでした。

このあと、市民館に戻る途中に確認したらサンポヤさんは湯田温泉にお引越し鶴瓶の家族に乾杯後半で活躍したサンポヤさんは、ちょうど今日から移転。
湯田温泉の岩崎チェーンのお向かいあたりだそうです。
機会があったら押しかけねば・・・

(花燃ゆクラシックは後日追記にぼちぼちと・・・多分)
[花燃ゆクラシックに行って、「鶴瓶の家族に乾杯 山口前編」のおさらいをする]の続きを読む
関連記事
  1. 2015/03/07(土) 23:58:22|
  2. 食べ歩き?(山口市)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

祥でランチ(下関市長府)
先週末の下関行き、割烹旅館寿美礼でお料理堪能。
最近遅筆気味な旅行記も、とりあえず第1弾完了

翌朝雨の中散策した高杉晋作ゆかりの地めぐりの後半の写真がほとんど写っていなかった(原因不明)というショッキングなことが先ほど判明しましたが、旅行記作る手間がなくなったと思えばいいか・・・

宿をチェックアウトした後は、長府のおひなさま巡りをちょっと見て、東行庵に行きますか。

結果的には、ひなもん見学に時間とりすぎ、東行庵は行き損ねました。
まあ、代わりに立ち寄るつもりがなかった長府博物館を見学したからいいか。

この日の一番の問題はお昼の場所。
どうしようかなあ、と思いながら取りあえず長府毛利邸目指して壇具川沿いの道を歩いていたら、看板発見。
DSC09843.jpgなかなかよさそうなお店です。しかも日曜日には餅つきもあるとのこと。
とりあえず第1候補にして、毛利邸等々巡って12時ぎりぎりぐらいに行ってみます。
ちょうど前を歩いていた、和歌山県からお越しのご夫婦さんも看板を見て歩いて行かれるので、後ろをついていきます。

店が分からなくて道は行き止まりで右往左往。
行き止まりの手前のここに店名があるのを発見。
DSC09947.jpgお店の人曰く、こっちは店の裏側なんだそうです。
後でわかったことには、看板がでていた橋よりも一つ国道寄りのDSC09976.jpgあんまり目立たない「桂弥一旧宅」とあるところを曲がって行けばよかったのです。
というか、桂旧宅を利用したお店が、今回訪れた「祥」さんでした。
ちなみに本来の玄関から入ると
DSC09933.jpg建てられた当時からあるという、馬と鹿が出迎えてくれるというインパクトです。
桂弥一氏は今回初めて知ったお名前でしたが、実は長府博物館を作られた方なのでした。

さて、こちらの祥さん、お食事処というよりは
DSC09930.jpg着物のリフォームやら骨董やら扱いつつ、カフェにお昼のお食事も出しますという、ちょっと不思議なお店。
インパクトのある奥様はとってもきさくで、お食事待ってる間に蔵のギャラリーも案内してくださり、
DSC09942.jpgクマもおこたで一休み。
このほか、お食事待ってる間にDSC09950.jpgお供え物のように置いてある玉ねぎサラダをご自由にいただき、色々お店の品物を見て歩いていたら
DSC09954.jpgDSC09963.jpgお料理登場。
ちょっと奮発したすきやき膳(1500円)は、膳が2段。いかにも手作りなお料理がちょこちょこ色々と乗ってます。
DSC09960.jpg
すき焼きも量は完全に女性向なコンパクトさでしたが、お味はおいしかったです。
これにコーヒー付きで1500円はかなりのお得感がありました。
2月にNHKのお昼の番組で紹介され、直後は他県のお客さん等々押しかけて大変だったそうですが、この日は天気が悪かったこともあってか、ほぼ食べ終わるまで和歌山県のお客さんと自分だけ。
面白いお店を堪能させていただきました。

餅つきは、杵と臼ではなくて、餅つき機でできたお餅をお客さんが自らあん餅にして食べるという趣向だったようですが、この日は機械の機嫌が悪くて、いつまでたっても餅米が蒸されてくれないようで、あきらめました。
なかなかネタが豊富なお店でしたので、また伺ってみたいものです。

心残りはお店の人に「ブログ教えて」と言われながら、うっかり言い忘れてたこと。
というわけでお店の関係者が見てましたら、教えてあげてくださいませ。
関連記事
  1. 2015/03/06(金) 23:45:20|
  2. 食べ歩き(山口市以外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高杉晋作めぐりの予定がひな巡り
先週末から旦那は草津にスキーに行っちゃいました。
スキーより湯畑やら温泉を堪能してきたようです。
いない隙にこちらも旅行するのが常です。
昨年はドーミーイン岐阜と高山桜庵とドーミーめぐり。
今年は、仕事の状態からとても遠出ができないので、県内お泊りに決定。
ドーミーイン下関に行きたかったけれど、ネット予約では空きが見つからないので、下関つながりでかねてから行きたかった割烹旅館寿美礼に決定。

せっかく下関だから、相当昔に行って以来の東行庵に梅見物がてら行ってみようと思ったんですが、土曜日は



久坂 de cafe とひな飾り目当てで、大殿ひな散歩へ行ったら、当初予定時間に歩き回って出発が遅れたうえに、節約で高速使わなかったら2回ばかり道を間違えるわ、国道2号をひた走ったら、どこで北上すれば東行庵に行けたのか全く分からず、そのまま寿美礼に到着。
割烹ならではのお料理を堪能。

翌日は、近くにあります、高杉晋作が亡くなった場所やら厳島神社やらを散策して、せっかくなので長府のひな巡りにもちょっと立ち寄り。
の予定でしたが、思いのほかさげもん系が多くて見て歩くのに時間がかかり、さらに偶然看板見つけて昼食に訪れた祥さん(旧桂予一邸)が強烈に個性的なお店でこれまた長居し、さらにやっぱり国道2号からの分岐点が分からず、またしても東行庵にはたどり着けず。
花燃ゆの高杉晋作回に立ち寄り(というのは後付け。見るまで忘れてました^^;) は未遂に終わったのでした。
関連記事
  1. 2015/03/02(月) 08:02:42|
  2. 旅の一コマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2




前のページ | ホーム |