FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

一貫野の藤(5月11日朝7時現在)
昨日あきらめたと言っときながら、ちょっと管理者あてコメントいただいたもので、おせっかいしいなので確認に行きました。

上の方がかろうじてちょっと咲いてる程度
やっぱりというか、上の方や裏の方もあまり咲いてない状態でした。

滝のそば
現時点でも滝そばは房が見当たらないので、やっぱり無理そうです。

ただ、緑は十分ありますので、藤をあきらめればそれなりの楽しめる・・・かなあ。

藤はあんまり市内で場所を知らないんですが、つつじは県庁周辺や香山公園にそれなりにありますし、土日は確認できませんが、仁保の環境緑化園(KDDIパラボラ近く)は平日無料で入れるので、いろいろお花が楽しめるかもしれません。
藤棚は上の方なので、コメントいただいた施設を推察するに、ちょっとあきらめたほうがよさそうですが・・・

と、一応お返事です。
関連記事
  1. 2014/05/11(日) 12:27:59|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一貫野の藤、今年はあきらめる
例年やってる一貫野の藤情報。
前回から1週間経過し、定点観測しに行くかなあ、と6時くらいから逡巡して、結局本日は断念しました。

なぜかといいますと、前日の山口新聞にも今年は咲いてないとの記事がでたからです。
樹木医の診断によりますと、以前に実施した剪定が悪影響になったのと、病気だったか虫だったかの影響があるようです。
自分が見ても先週段階で滝側の房が見受けられなかったので、今日行っても、いい情報提供はできないと思った次第。

昨年咲きがよかったときは、「剪定したのが功を奏した」って聞いてたんですけれど、1年たったら真逆になったとは・・・
香山公園のサルスベリなんか、毎年丸裸状態で剪定されまくってるのは、そのほうが花つきがよいからと聞いたことがありますが、藤はそうでもないらしいです。
良かれと思ってやったことが裏目に出た訳で、地元の人も残念に思われてることでしょう。

山口新聞の記事は現時点ネットには出てなくて、検索したら昨年の見頃の記事がでてくるのがなんとも・・・

天気がいいからどこかには出かけたいけど、定点観測やめたもう一つの理由が、

町内会の大掃除が今日だったか明日だったか今イチ覚えてない(汗)

ってこともありまして、とりあえず、9時まではご近所を様子見状態です・・・
関連記事
  1. 2014/05/10(土) 07:27:21|
  2. 日々あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

サビエルカンパーナでディナー
ゴールデンウィークも終了です。
今年は近場をちまちま行った程度、仕事も半日しか出なかったし、ボランティアガイドも1回しか当番回らず、ほとんど部屋掃除に費やしてたような気がします。
結果がついてきてないですが・・・

珍しくあんまり外食もない中、唯一夕食食べに行ったのが、サビエルカンパーナ。
外観

先日パンを買いに行ったら、外のメニュー
レストランメニューを変更してたようなので、久しぶりに行くことにしました。

昼も夜も、メイン+サラダ・スープ・パンがバイキングってスタイルになったようです。
聞いたら写真OKってことだったので、遠慮なく。
バイキングといっても、
ゴボウサラダと水菜と漬物系サラダサラダは3種類

スープは1種類(この日は具だくさんなコンソメスープ)という中、さすがというか

DSC01561.jpgDSC01562.jpg
パンは多種類。写真に入れ損ねたのもいくつかあります。
数年前にモーニングに行ったときにあんまりパンの種類が少なかったので、色々あるのはうれしいです。
ご飯派用にか、カレーもありました。

相変わらず盛り付けには気を使わないバイキング部分でだいぶお腹が膨らんだところで、メイン登場。

パスタ3種類かお肉料理3種類から選ぶってことで、

多分牛肉100%っぽいハンバーグステーキ玉ねぎで隠れたハンバーグステーキ(1680円)に
チキン南蛮ステーキチキン南蛮ステーキ(1500円)。

どちらもわりとおいしかったです。

ソフトドリンクも込みでの料金ということで、まあまあお得でしょうか。
ちなみにジェラートもありますが、有料でした。

連休ということもあってか、テーブル予約が入ったりと結構お忙しそうだったので、一番気になってた

DSC01572.jpgサビエル記念聖堂のこの工事はなんなのかは、聞き損ねたのでした。
(教会と直接関係ないから、聞いたところで知ってたかは定かではありません)
関連記事
  1. 2014/05/06(火) 23:50:33|
  2. 食べ歩き?(山口市)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

佐波川の泳ぐ鯉のぼりと端午の節句なあれこれ
一貫野の藤の帰り道。
DSC01590.jpg
仁保川の鯉こいのぼりは、気のせいか年々増えているような気がします。
丁度信号待ちで、パラボラアンテナも入れて撮れました。

日中は昨日からの大掃除。
いつものことながら、ごみ袋の中は確実に増えるのに、ちっとも片付いたように見えません。
いい加減あきたもので、ちょっと実家に顔を出そうとしたものの、茶菓子を買ってから連絡したら、常磐公園に行ってるとのこと。
その時点で防府まで来てたので、どこかで時間をつぶそうかと考えた結果、以前見に行って終わってた、佐波川のこいのぼりを見に行くことにしました。

やっぱり道がわからず、岸見まで行っちゃって、防府側の道の方がわかるかと、橋を渡ればちょうどあさむらイチゴ園のところでした。
年々広くなってる駐車場に車が入りきらずにプチ渋滞になってるところをよけつつ橋を渡り、道路越しに見た感じ、ソフトクリームを買い求めるお客さんが20人くらいの行列になってました。
以前に、「連休の時はイートインスペースはコーンの置き場になるから使えない」って言われてたのに納得。
今年もそうだったかどうかは分かりませんが、外で食べてるお客さんは多かったように見えました。

しばらく防府側に戻りながら走っていくと、ようやく目印の赤い橋(中央橋というらしい)発見。
小野小学校方面への小さな看板あたりで曲がって橋の上で、ようやくお目当て発見。
といっても、橋の上では停まれませんので、渡って駐車場に停めて、てくてく見に行きます。
下から
橋の下だとよくわかりませんが

上から4列橋の上から見ると、意外と多い鯉のぼり。
4列に渡って泳いでいます。

DSC01604.jpg水の流れのおかげで、風に吹かれてるよりきれいに泳いでいました。
鯉は上流に泳いで滝を登って、やがて龍になるといわれてますから、縁起がいいですね。
ちょうどサイクリング(というにはすごく本格的)な親子連れさん方も感激されてました。

全く案内とか出てませんで、観光用というより地域のイベント色が強いんでしょうか?
近くの駐車場で遊んでた地元のお子さん方は、鯉のぼりには目もくれず、竹藪のタケノコ引っこ抜いて遊んでおりました。
ちなみに、駐車スペースはたくさんありますが、駐車場に行くルートは橋を渡って、駐車場とは反対側になるので注意が必要です。
防府側にあった看板多分道路工事が終わったら、同じ側からも行けそうな気もしますが・・・


無事に鯉のぼりも見られまして、親も帰宅したようなので、実家に行き、お茶受けは
花かごの和菓子右田の花かごさんの、端午の節句な和菓子だったのでした。
関連記事
  1. 2014/05/04(日) 23:06:15|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

速報!一貫野の藤と、ただいまパークロード渋滞中
前回の一貫野の状況確認から1週間経過して、とりあえず定点観測に行ってきました。

まあ、予想通りというか、やっぱり今年は相当遅そうです。
裏や上の方は若干咲いてましたけど、滝の下はいまだ藤の房すらない状態でした。

という写真は後で載せるとしまして、


帰りに、「そういえば今日はフリーマーケットの日だった」と思い出し、久しぶりに立ち寄ろうかと軽い気持ちでパークロードに入りました。
亀山公園横の駐車場で停める場所探しは大変だろうからと、教育会館の駐車場をちょこっとお借りしようかと思ったら、その前の交差点前から車が動きません。
既に渋滞(汗)
県庁の駐車場は、今日まで萩往還マラニックの臨時駐車場として使われてるから、こちらも相当埋まってるだろうしと、さっさとあきらめ帰宅の途につきました。
多分午前中は相当パークロード周辺混雑しそうです。 

と、ツイッターやってないから、とりあえず速報として書いておきます。

【追記】
5月4日朝7時過ぎの一貫野の藤
DSC01573.jpg前回の房はそこそこ花が付き
DSC01589.jpg
裏手や上の方はそこそこ咲き始めましたが、

DSC01585.jpg
全体的にはあんまり前回から変わってないような。
やっぱり川のそばは気温が低いせいか、ほとんど房が見当たりません。

滝そばの枝に
DSC01582.jpg
浮き発見。
釣りで投げて引っかかったんでしょうか?
まさか、ここまで水に浸かってたとは考えにくいですよねえ。
関連記事
  1. 2014/05/04(日) 07:56:41|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




前のページ | ホーム | 次のページ