FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

早朝散策で山口市内のシャクナゲと仁保の一貫野の藤情報とミツガシワ
早朝、旦那に逃げられました(笑)
趣味のイベント(本人のためにあえて秘す)に行きたいと、朝一番の新幹線で大阪行き。

いないのいいことに、こちらもお出かけ。
今、俵山のシャクナゲが見頃らしいのです。
といっても、昼から仕事に行く予定なので遠出ができるわけもなく、仁保の一貫野の藤の状態を見に行きついでに、手前にあります宮野ふれあい館近くの観音堂のシャクナゲを見に行きます。
国道9号から仁保方面への交差点を過ぎてすぐの荒谷ダム方面左折し、宮野ふれあい館近くの分岐を荒谷ダムに向かってすぐ右手、るりがくえんの裏手くらいに参道があります。
朝からダンプが行きかってるのでちょっと注意が必要かな。
参道前の盛りは過ぎました
参道前のシャクナゲがとうにピークを過ぎた感で、遅かったかなと思ったものの、観音堂の裏手あたりはまだ大丈夫でした。
紅白シャクナゲ朝露に濡れたシャクナゲ
まだ少しつぼみもあります

丸蜂さんを避けつつ、クマ撮影。
横の藤棚にちょっとだけ藤のつぼみ?がつきかかってました。
ここでこれなら、仁保の一貫野はまだまだですね。
ということで時間がもったいないから一貫野に行くのはあきらめたけれど、仁保の道の駅に足をのばします。
新たに案内看板ができたと新聞か何かで見たのです。

意外と小さめだった一貫野の藤の案内板左下には見頃情報あり

道の駅の建物前かと思いきや、駐車場に意外と小さくありました。
一貫野の方にも最後の曲がり道に案内板が新たにできてるらしいので、来週あたりに確認しにいこうかなあ。

予定より早く帰途についたので、ちょっと寄り道。
宮野の法明院のミツガシワを見に行ったら、ずいぶん景観が変わってました。

手前のシャクナゲ

お寺前の道路のシャクナゲも目につくけれど、駐車場降りたら、なにやら重機が通った跡がミツガシワの自生地への道についてます。
だいぶ雑木林?を取り払ったようです。
だいぶ景観が変わってたので、手前の池を最初見過ごしちゃいました。

ミツガシワの池は手前多分植えたてほやほや

どうやら斜面にシャクナゲを植えてる最中のようです。
木の大きさからしますと、写真映えするのは数年後になりそうですが、楽しみです。

で、ミツガシワといいますと、見に行ったのは多分3回目くらいなんですが、これまでで一番見頃の時期に来たようです。

DSC01253.jpg

周囲の雑木林?がなくなった分、よく日も当たってるせいもあるのかな。
DSC01273.jpg
小さな小さな花がたくさん咲いてました。自生地としては、日本の南限地で山口市の天然記念物に指定されてます。

こういうときは一眼レフの方がよく撮れるんでしょうねえ。
場所柄、近づいて撮るには限界があったのでした。
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/04/19(土) 09:55:47|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2




| ホーム |