FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

SLクリスマス号と聴秋でランチ
寒気ですっかり冷え切った、クリスマス前の三連休の初日。
SLクリスマス号が走ります。
見に行こうと思ったんですが、午前中にはガイドの役員会。
11時前には終わると言う目論見外れ、終わった時には既に山口駅は通過してます。
そのあと、雪で遅いかもと期待していた長門峡駅も時刻表通りに到着したらしくタッチの差で通過しちゃってまして、結局前回(11月の復活運転)と同じく、終着の地福駅に向かいます。
自宅近くではみぞれ交じりだった雪が、阿東に入ればすっかり雪景色になっちゃいました。
地福の交流センター、23日イベントあり
合併前にイルミネーションを見に来た地福の地域交流センター(今年も23日にイベントあるけれどガイドの忘年会と重なっちゃったんですよね・・・)に車を停めて歩いていけば、既に機関車は切り離されてまして、撮影会の真っ最中。
既に切り離されてたSLクリスマス号

雪と傘に悪戦苦闘しながら、
SLクリスマス号とクマクマも雪まみれ
なんとか撮影成功。
今回のヘッドマークは、「クリスマス市」のマークに合わせてたようでした。

前回帰りの運行が15時過ぎだし、さすがにこの雪では構内で売ってたクリスマスリース(きれいなので衝動買いしてかえりました)出店もないから(お餅の振る舞いがあったようですが行った時には終了)、早々に退散。
すっかり雪国

この後、既に撮影ポイントにカメラマンさんがたが張り付いているのを横目で見ながら、長門峡道の駅のレストラン聴秋で遅めの昼食。

聴秋にて

聴秋も雪景色
店員さんが少なくて、案の定なかなかお料理が出てこない中、窓際席だったので雪景色眺めながら待ってたら

14時に通過していっちゃったSL唐突にSL通過。
長門峡の張り紙には往きは時間があったものの、帰りは客車無人で運行するためか通過時刻が書いてなく、前回はSLやまぐち号の時刻表に合わせて15時過ぎに地福駅出発だったから今回もそうだろうと油断してたからちょっとびっくりでした。
あわててカメラ出した時には、客車しか撮れず。
ちなみに、カメラデータによりますとほぼ14時頃に通過だったのでした。
これでSL逆さで走るのを撮るは初詣号を残すだけですが、正月3が日はきびしいなあ・・・

その後、ほどなくしてでてきた唐揚げ定食。
なかなかお得だった唐揚げ定食730円
730円という値段の割にはボリュームもお味もよくて、コストパフォーマンスがよかったのでした。

で、帰りに聞いたら、SL走るの知らなくて、大雪だからお客が来ないだろうとシフトの人数を少なめにされてたのでてんてこまいだったようでした。
場所柄、冬場は人手が足りないことが多いそうなので(知り合い情報)、料理の出が遅くなるのは大目に見てあげた方がよさそうです。
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/12/21(土) 22:21:48|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2




| ホーム |