山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

豊北道の駅の実演時間
11時に間に合わせて来てみたら、なせか13時1回に変更されてました(汗)
まあ、見るもの色々あるし、ほっくんと遊べたから いいか。

【7月1日追記】

家に帰ったら寝落ちしちゃいました。
ブログに載せるには写真を撮りすぎたので、



コメント途中の旅行記は、こちらから
実演より、ほっくんの方に比重が行っちゃったような。

海のそばの割に風がなかったとはいえ、やっぱり木屑かぶって、帰りに温泉。
近いという理由だけで、初滝部温泉。
美肌の湯と聞いてたけど、たしかにアルカリ性のいいお湯でした。
関連記事
  1. 2013/06/30(日) 12:19:30|
  2. チェーンソーアート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やまぐちブランドとちょるるグッズ
朝、所用の旦那を送迎しまして、帰りに、久しぶりにプリムール葵に立ち寄りました。
目的はツタヤで雑誌購入だったんですが、ツタヤ併設のタリーズ(なくなるかと思ったけど存続の模様)でとあるものが目に付いて、思わず敷地内に単独建物ができてオープンしたてのタリーズに走って無駄遣い。
グランドオープン記念のスイーツセット。
本日の無駄遣い
1000円ですが、中に入ってるドリンク券2枚はショートタイプだったらどれにでも使えるので、一番高いのにしたら450×2でほぼ元がとれる計算です。
中に入ってるお菓子だけでも、多分1000円程度のお値段はありそうでした。
でもって購入した最大の要因。
クマの養子?チビクマさん。
ピンク色とか明るい色もあったんですが、一番色が似てるのでこちらに決定したのでした。
ただ、クマ2代目には、ちと小さすぎるかな?

せっかく来たので、プリムール葵でちょこっとお買いもの。
入口ではためいてたので気になったのは、こちら。
一応許可はとりましたイベントでされてた、山口ブランドの販売。
カタログ販売もやってますマフグの昆布しめと連子鯛の一夜干し

色々見たかったんですが、あいにくと取材のカメラがうろうろしてたもので、カメラ嫌いとしてはうかつに近づけず、ちょこっと見ただけで退散。
このあと、家に帰ってたらポストに入ってた「ふれあい山口」でもしっかり宣伝してありました。
ふれあい山口にて
ちょるる部長もお勧めしてますが、イベントには姿は見えず。
先週プリムールあおいのイベントにはクマモンが遠征してたようなんですが(知ったときには終わってた・・・)。

と、半ば無理やり関連づけて、先週商店街をうろついてたときに見つけた、ちょるるグッズ売り場。
道場門前のやまぐちさんちょるるグッズコーナー

道場門前の県内特産品を集めたショップ、やまぐちさんにちょるる部長のグッズコーナーができてました。

菓子類
お菓子の方もしっかりと売ってありました。

大内人形のイヤホンジャックも商品化
でもって、以前アートふる山口で見かけた、大内人形のスマホ用イヤホンジャック。
時々アクセスキーワードに入ってくるので、ここで売っていると宣伝しておきます。

ちなみに、この後井筒屋に行ったら1階にちょるるコーナーができてましたし、その後湯田温泉のコープの本屋に行った時にもクリアファイル等がレジ近くで売られてまして、ちょるるグッズ売り場も結構増えてきたようなのでした。
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/06/29(土) 23:07:27|
  2. ちょるるとゆるキャラ仲間たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「あいたい 戦国大名が築いた文化都市~山口市」を視聴する
開始時間には帰宅が間に合わなかったけれど、そこはしっかり録画して、見ることができました。
NHKの「あいたい 戦国大名が築いた文化都市~山口市」。
ジローラモさんの御案内はちょっとたどたどしさはありますが、全体通してみると、ペラペラしゃべり倒すタレントさんよりよかったかも。

それにしても、さすがNHK。
ケンミンショーみたいになかなか突っ込みどころを作ってくれません。
「明との貿易は大内義興以前からやってるのに・・・と」最初見た時に思っても、あとでもう1回見たら「明との貿易を独占」って言ってたから、間違いじゃなかったのでした。

まあ、一番のびっくりは、取材が土日祝日だったこと。
根拠は、五重塔の場面でボランティアガイドの看板とガイド仲間たちがしっかり写っていたこと。
会長らしき人が遠景で写ってたからてっきり解説が入るのかと思いきや、出てきたのはたまに見かけるタクシーの運転手さん。
こないだの寄り合いでも撮影の話が出なかったところを見ると、ガイドの会にはお声がかかってなかった模様。
蛍も見に行ってたから、5月下旬から6月初旬あたりだったみたいです。
雨がひどくなかったから、ほたる祭りの日は外してたようでしたが。(今年のお祭りは土砂降りの雨でした・・・)

出てきたところ一覧。
SLやまぐち号。
乗ってたのは、展望車両でしたねえ。

瑠璃光寺五重塔。
女性的な塔だってのは、自分でも常套文句にしてますが、女形って言い方、初めて聞いたような。
蛍をだすなら、夜景の五重塔も出してほしかったなあ。

大内弘世の像がここまでフューチャーされたことがあっただろうか・・・

大内館の龍福寺を出すなら、築山館の八坂神社も出してほしかった。
ぶらタモリって聞いたことあるけど、NHKの番組だったっけ?
もしかして案内の先生つながりでの企画??

最初にでてきた山からの風景は、冬の象さんイルミネーションでお馴染みの象頭山っぽいなあ、と思ったら後でしっかりネタばらしされてました。
風水による街づくり、映像で見ると分かりやすいですねえ。

龍福寺の参道から大殿大路、竪小路。
昔からの道を守ってるから、大殿大路は一方通行。
竪小路の角の文房具屋さん、おばあちゃんまだ元気かなあ。

クローズドグラスの場所はどこだろう?って思ったら、駐車場で分かりました。
小瓶・白馬館から一の坂川に向かった道でした。

商店街、人がいるときを狙って土日に撮影だったんだろうか・・・
中市商店街を取材するのかと見せかけて、道場門前のメガネ屋さんがメインでした。
サイトで見た庭はてっきり萬代家の本家かと思ってたら、こっちだったとは・・・
どうせなら鷺舞の映像くらいは流して、昔ながらの道を演出してほしかったものです。
長屋造りは大内の時代からって、この時代から間口で税金とってたってことなのかなあ。

山口一の繁華街、湯田温泉・・・間違いじゃないけど・・・
足湯はやっぱり湯の香通りのでした。
山口十境詩、もうちょっと詳しくやってほしかったなあ。

料理の再現。義興膳(5000円)かな?
予約制でいくつかのお店で食べることができますが、時期限定だったような。
旅館名は出なかったけど、今回のお店は、帽子の刺繍で山水園と判明。
一度泊ってみたいけど、1泊25000円はやっぱり敷居が高いなあ。

一の坂川の蛍、なかなかきれいに撮れてました。
京都宇治からのお取り寄せ説は、NHKはとってないようでした。
蛍鑑賞用の橋からの撮影を見ながら思ったのは、BGMにはSION(山口市出身。野田学園のOBらしい)の「蛍」を使ってほしかったこと。一の坂川を歌ってるらしいんですが、実はいまだに聞いたことがないんですよねえ。

大殿大路の家具屋のLBファニチャーさんと、雑貨と着物から洋服作られてるアトリエa.p.sさん。
古地図の街歩きの付き添いの先生はしっかり県立大学と出てたのに、こちらのお二人も県大OBなのに「山口の大学」としか紹介がなかったのは、NHKらしいというかなんというか。
ちなみにアトリエa.p.sのお姉さんは、安倍首相が最初に総理大臣になったときの奥さんのカクテルドレスを県大学生が作った時の主要メンバーだったそうです。
予約待ち100件以上かあ・・・まあ、頼む着物もなければ、予算もないからなあ。
(オーダーメイドや置いてある洋服は結構いいお値段がします。お店の雑貨だと割とお手頃)
大路ロビーでも取材したっぽかったけど、遠景しかでなかったのは残念でした。

【2013年8月追記】
コメントいただき、調べて判明。
アトリエa.p.sじゃなくて、アトリエa.p.rでした(汗)
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/06/28(金) 22:17:55|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

20時からNHKで山口市御紹介!&焼き菓子のYAOZE
既に一度紹介してますが、当日なので。

NHK総合 6月28日 20時~
「あいたい 戦国大名が築いた文化都市~山口市」

五重塔と竪小路界隈が出るのは、ほぼ確定のようです。
新聞欄を見た感じ、大内時代の料理再現もやるようですねえ。

竪小路というより、一の坂川界隈ですが、5月に行ってきた焼き菓子屋さんも、ネタにし損ねてたので御紹介。
 
やをぜ外観、パークロードから横道に入り、一の坂川までの間

焼き菓子のYAOZEさん。
場所は一見では分かりにくいです。
パークロードから福祉会館のところから横道に入って、一の坂川の手前にお店がありますが、細道なので歩いて行った方が無難です。
ちなみに私は自転車でした。
アートふる山口に行った場合は、世界各国のお面を展示している中川邸のすぐ近くと言えば分かるでしょうか?
実は最初、中川邸が改装されたのかと思ったら、違うお宅でした。

水・土・日曜日の11:30~18:30だけ開けている焼き菓子やさんです。

ショーケースの中お菓子

そんなに種類はありませんが、小さな店内とアンティークな雰囲気にマッチしたお菓子が並んでいました。
ブログで見てきたと言ったら、「マンタさんのところですか?」と、お店の人にばっちり当てられちゃったのでした。
リンクさせていただいている、マンタさんの記事
山口市のグルメ情報については、丁寧さとおいしそうな写真で、最近すっかり負けてます(笑)

紙袋、ラッピングは特にされてないようです
シンプルな紙袋が、お店にマッチしていたのでした。
関連記事
  1. 2013/06/28(金) 07:46:33|
  2. 食べ歩き?(山口市)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

磯くらの昼と夜
先日の茶花展のあと、ランチに行きました。
行ったことないところに行きたいと母が言うので、防長苑のレストラン旬花にランチに行ってみましたが、目当ての旬彩御膳等定食類は平日のみで、土日は選べるメインディっシュにバイキングのみ。
食べ過ぎになるのが目に見えてるのであきらめ、たまたま同じ時に防長苑に来ていた見ず知らずのおば様2人と一緒にランチ先を探して、最終的に自分的に定番、磯くらへ。
元東京庵の跡地にある居酒屋さん。
ここは以前母に紹介して大好評だったので、「行ったことない」とは外れますが、定食類色々あるから、初見もあるかな、ということで。

個人的には防長苑から近い山形屋にしたかったけど、ラーメンは却下されたのでした。

久しぶりに昼時に行ったら、メニューがすっかり変わってました
昼のメニューが写真付きになってました写真付き。
分かりやすくなってよかったです。

最終的にはいつもの磯くらランチ。
最近の定番、磯くらランチ1000円コーヒー(正直量は少なめ付いて1000円はお得です。
来るたびに内容が変わっています。毎回内容が変わってくるので、飽きがこなくてよいです。
一緒に行ったおばさま方は海鮮丼880円。
さすがに初対面では「写真撮らせて」とは言えませんでしたが、こちらも盛がたっぷりでした。
ちなみに、追加でコーヒー頼まれたら(いそくらランチ以外は付いていない)、250円でした。
初対面とは思えないほど話が弾み(主にしゃべりまくってたのは母でしたが)、楽しいランチでした。

磯くら、ちょうど5月に久々に夜行った写真を使ってなかったので、ついでに。
夜メニュー5月時点本日メニューもあります
夜メニューはものすごく豊富です。

お刺身盛り合わせ1500円かなりお得感の強いお刺身盛1500円。

生ハムサラダ、頼んでハーフサイズ475円
サラダ、居酒屋のは量多いからなあ、と思ったらハーフにもしてもらえます。
これでも結構ありました。
ちなみに値段はハーフじゃなくて2/3程度?

磯くらのお勧めは炭火焼。
おいしいのもさることながら、マスターが要領よく焼かれるので、あまり待たされません。
(と、以前夜来て裏方の揚げ物系で散々待たされたことのある経験者は語る。最近は改善されたようです)

長州もも焼き750円お肉系は地元産が多いですけれど、
縞ホッケハーフ680円意外と炉端焼きの魚は北海道産が多かったりします。
まあ、旦那の好きなホッケとかは、このあたりじゃとれませんけどね。

初めてデザート頼んだら、
妙に御洒落にでてきたデザート妙に御洒落系で出てきたのでした。

お酒なしで、他に数品頼んで2人で7000円ちょっとと普段よりかかっちゃったのは、ちょっとした記念日ということで普段よりお値段よろしいのを頼み過ぎたのとデザート付けたのが要因かな。

【平成27年追記】
現在、磯くらのランチ営業はされてません。夜のみ営業です。
オープン初期からお世話になってた大将もやめられてしまいました。残念です。

多分、27年冬のノロウィルス騒動で過分すぎるお見舞金を払い過ぎたのが原因じゃないかなあ、と被害者になった当人は思う。
関連記事
  1. 2013/06/24(月) 07:33:43|
  2. 食べ歩き?(山口市)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




| ホーム | 次のページ