FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

棚ボタで、サビエル記念聖堂とNACS山口公演ネタ
本日ガイドの当番日。
雨が降りそうな曇り空も途中から晴れ渡り、ちょっと暑いくらいの日でした。
そのまま晴れて明日の金冠日食(山口では部分日食だけど)が見られるといいんですけど、夕方の感じからすると厳しいかなあ?

さて、ガイドしてたら、若い一人旅のお姉さんが来ました。
最初は普通に公園内を観光案内してたけど、女一人旅かつ本人さん曰く「方向音痴」ってのに親近感覚えて、勢いでサビエル記念聖堂まで御案内。
日曜の午後だったので、車で上の駐車場まで上がってみたら、なぜかパイプオルガンの音色が聞こえます。
時間が多少あったので、一緒に献金(100円)払って入ってみたら、どうやら練習か何かされてたようで、初めて生のパイプオルガンを聞くことができてラッキーでした。
でもって、日頃教会内には入らない(内部撮影禁止ですから)ので、ちょっと見学していたら、なんとサビエルの遺骸の一部(というより、かけら)が展示されていました。
数回程度は聖堂内に入ったことがあったのに、なんで今まで気付かなかったのでしょうか?期間限定展示??
最初はそうと分からず案内板を見てどこにあるのかうろうろ探し、受付のお姉さんに聞いたら案内板の隣に展示してあった小さな十字架の中央にあるガラスの中に入ってました。
以前に来た聖腕といい、遺体が神格化されて展示されるってのも、いいのか気の毒なのか・・・

その後香山公園に舞い戻り、終了時間とともに道具を片付けて、ほぼガイド終了後の恒例と化している、香山公園すぐ横のお土産物屋、たつみやさんにソフトクリーム食べに立ち寄ります。
たつみやの奥さんにはガイド始めた頃からお世話になっておりまして、大抵お店に行ったらソフト食べつつ雑談となります。
で、最近起きた話。
芸能人が来たとのこと。
元からたつみやの奥さんは五重塔を訪れる有名人の写真を撮るのがお好きで、お店にはツーショットも含めての写真が多数飾ってあります。
個人的には、有名人より旧サビエル記念聖堂の写真の方が気になります

今回来た人は、最初芸能人とすら分からなかったけれど、観光に来ていた若い人が騒いだのでそうと分かり、話しかけて写真も一緒に撮って、名前がよく分からないからお店の売り物の葉書に本人に書いてもらったそうです。
芸能人さんだからサインになるかと思ったら、ちゃんと分かるように楷書で書いてくださったそうです。

来られた芸能人さん。
音尾琢真さん。
・・・さっぱり分かりません。

が、この話、続きがありまして、公演で来られてた音尾さん、会場で「歌舞伎役者かと思った」と言った奥さんの言葉やら、店で舌鼓を買ったことやらを話したそうで、翌日から結構ファンの人が訪れ、基本誰がきてもサービス精神旺盛な奥さんは、一緒に撮った写真やら葉書の字やらを見せてあげたら、大変ファンの人から羨ましがられたそうです。
で、来たファンの人からその公演のチラシをいただいたそうです。

ファン垂涎なんでしょうねえ、音尾琢真さんとやらの直筆署名、ちなみに日付はたつみやさんが忘れないようにと自分で入れてます。クマに一番近いのが音尾さん。

私でも知ってる北海道で超有名なTEAM NACSの一員さんでした。5月15日に山口市民会館で開催された「WARRIOR~唄い続ける侍ロマン」の出演で前日山口入りしていたようです。
大泉洋さんが所属する劇団と言った方が、このあたりでは分かりやすいかな??

このネタ書くのに、あちらこちらで情報収集したら、当日の公演は平日なのに山口市民会館満席だったそうです。
通常、ありえません。
北海道だけかと思ったら、全国区で人気だったんですねえ。正直知りませんでした。
地元でチケットが取れなかった他県のファンの方々が競争率の少ない山口公演にかなりやってきたようで、山口県の観光にも貢献してくれてますね(笑)

自分のことを公演で紹介してくれたのをかなり喜ばれてたたつみやさん、「お礼を言いたい」とのことでしたので、代弁で書いておきますが、本人に伝わるとは考えにくいなあ。
ただし、一緒に映した写真、さすがに小泉元首相や皇太子さんの写真の横には飾らないようです。

情報収集する中で一番内容が詳しかったブログによりますと、音尾さんは瑠璃光寺の他、俊龍寺にも行ったとのこと。
・・・記念聖堂に案内したお姉さんが戦国時代好きで秀吉が好きと言われたので、「秀吉の慰霊墓が山口にもありますよ~」と話したばかりだったので、これも何かの縁かな?
ちなみに、研修の時に行ったことのある俊龍寺は、雪舟のアトリエ雲谷庵の跡地の前の道をさらに奥へと進んだところにあるのでした。(道は狭いので注意)。

【追記】
当初のタイトルは「漁夫の利~」でしたが、どっちかというと「棚からぼた餅」の方が合ってるような気がしたので、改名。

ブログをリンクさせていただいた彩映さんにコメントによりますと、ファン専用サイトにも書き込みがあったそうで、音尾さんにたつみやさんのお礼が伝わっている模様でよかったです。

【5月27日追記】
彩映さんからもリンクいただきました(感謝)
ちょうど、ガイドの市内研修があったもので、報告兼ねてたつみやさんに立ち寄りましたら、写真が出来上がってました。
デヴィ夫人の横に飾ってありましたデヴィ夫人の横キープ(笑)
昨日もファンの方が尋ねてこられたようでした。

【5月31日追記】
日本テレビ系(山口ならKRY)の朝の情報番組ZIP(ズームインピープルの略らしい)でNACSの特集が組まれるようです。
たつみやさんに教えに行く暇があればいいんですが・・・
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2012/05/20(日) 21:40:57|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

心機一転
仕事がバタバタ状態で、なかなかブログが更新できず。
一番の大物が終了したらまた次が、ってところですが、一区切りはついたので、目の前にニンジンぶら下げる余裕ができてきました。(これまでそれすらできない状態でしたから・・・)

昨日は久々に土曜出勤せずに、ガイドの会の総会へ。

気分的にはクマも会員のつもり

名簿に載らず、会費も払ってないけど、ガイドの会の中ではそこそこ知られているので、気分的にはクマも会員のつもりで同行。なにせ、当番日に出没している年数で考えたら、もう中堅どころに位置するはずです。
各種書類と一緒に、おいでませ山口観光キャンペーンのちょるる部長のバッチも配付されました。国体との違いは、某元宮崎県知事のようなハッピを着ているかどうか。
余りをクマ分にいただこうと思ったら、会員全員の数すら送られてこなかった(ということで総会参加者だけに配付となる)とのことで断念。
別ルートで入手を試みねば・・・

観光ボランティアガイドの会も満20年。
確か入った1,2年後に10周年の記念誌を発行してたので、在籍年数は長くなったなあ。
知識は増えず、案内も相変わらず下手ですが・・・

議事は問題なく進行した総会でしたが、最後の連絡事項は議事よりずっと長いもの。
会長から苦言を呈されたのは、ボランティアといえども責任ある行動が必要という趣旨の、かなりガイドの会的に耳の痛い話のオンパレードでした。
全く自分に当てはまってないとも言えないので、慣れで迷惑かけることがないよう、気を引き締めねば、と思ったのでした。

(しかし、ものすごくピンポイントの問題点は個人攻撃にならないよう本人に配慮した表現になってたけど、当の本人には全く通じてないような・・・)

で、反省ついでに、さぼりがちになりつつあるブログも、まめに更新・・・するかな・・・
とりあえず、食べ物ネタ早く使っていかねば・・・と思いながら、昨日も総会終わった後に写真を増やしてしまったのでした。
関連記事
  1. 2012/05/20(日) 07:14:51|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2




| ホーム |