FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

先帝祭 上臈参拝
五連休3日目。
旦那の実家に長崎土産を持っていきます。
下関は海峡まつり、しかも先帝祭があります。
渋滞を警戒して朝から高速使わずに行きましたら、通勤の車が少ないのを幸いに、普段の下道利用より早いくらいでした。

旦那の実家に行きましたら、なんと先帝祭の招待券があるとのこと。
いただきものらしい招待券
ということで、見に行きます。

下関駅周辺は道が空いてたので、「意外と大丈夫かも」と唐戸まで車で行ったら、唐戸周辺駐車場渋滞、道も高速方面大渋滞。
旦那が知ってる穴場の駐車場(ただし目的地まで徒歩20分)に車を停め、歩いて赤間神宮へ。
始める13時は過ぎたものの、二番大夫から見る(と言えるほど見える状態ではなかったけれど)ことができました。
招待券の効力は絶大で、一般客は入場整理をしてましたけれど、首尾よく中に入ることができました。
来賓と招待客だけの桟敷席でこの状態もちろん、招待客側も写真ポジション取りで押し合いへしあいでしたけれど・・・

上臈参拝は五名の太夫が順番に参拝していきます。
一番人気は振袖太夫。
テレビ取材やらすぐ配信が必要な人たちや他の海峡パレード等撮りたい人は最初を撮影したらすぐに逃げるので、その後は徐々にカメラマンも減って行くと旦那の実家から事前にアドバイスを受けてました。
で、たしかにそのとおりで、三番太夫あたりでそれなりに撮れました。
人の垣根越しで奇跡的に撮れた二番太夫の外八文字結構長い行列です

三番太夫の外八文字

二番と三番のすれ違い山口市から参加の四番大夫さん
予想以上に一人の参拝に時間がかかるもので、全員集合するという餅まきがある15時辺りまで粘ると旦那が切れそうなので(途中からかなり不機嫌に・・・)、四番太夫さんの参拝あたりで退散。

今回学んだことは、上臈参拝はただ外八文字で歩いているだけではなくて、様々な所作があるということ。
太夫のみならず、お付きの官女さん他皆さん手順をふみつつ参拝されています。
やっぱりテレビのニュースで見るだけでは分からないものでした。
人混みは嫌いだけど、今度は上臈道中も見に行こうかなあ。

問題は、今回クマ全く出番なしだったこと。
う~ん、クマなしでも旅行記作成すべきかなあ、写真撮りまくったし・・・

初夏の日差しの中、頑張られてた太夫さんがたは、山口新聞で紹介されています。
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/05/03(月) 19:23:32|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




| ホーム |