FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

レストラン マツオ でランチ
下関の旦那の実家というのは、お母さんが料理好きかつお上手ということもあって、大抵上げ膳据え膳状態、ご相伴にあずかります。(役に立たない嫁)
とはいえ、先日行ったときは予告なしに行ったもので、顔を見せたらさっさと帰る予定だったんですが、たまたま昼の用意をする前。
一緒に外食することになりました。
電話したら席があるということで、新下関駅近くのレストランマツオに行きました。
予想してたよりこぢんまりした店構えコープの近く、クエストってショッピングセンター?っぽいところの
敷地内。思ってたより小さなお店。
こちらは、シーモールパレスの料理長をされてた人が独立されたお店ってことで、人気が高いそうです。
コース料理しかなくて、しかもお昼で3500円と5000円という価格帯にも関わらず、ほぼ席は埋まってました。
日頃からすると、この価格はすごく高いんですが、
クルマエビのカクテルクルマエビとアドカボのカクテルから始まって、
なんとかマグロのカルパッチョなんとかマグロのカルパッチョに
フランスパンのパン屑が唯一塩が効きすぎてたタラの白子とカニのクリーム煮っぽいのに、
ホタテのムースホタテのムース(全く原型とどめてない)にトリュフのソースがかかり
カブは山口産だったようなめちゃ柔らかいサザエの入ったカブのポタージュ。
メインの魚はメインの魚スズキとはなっこりー。
さらさら口直しのさらさらのイヨカンシャーベットの後は、
メインのお肉料理は少なめでも十分な肉料理鹿児島牛のステーキに
全員絶賛のデザートデザートはピスタチオのクリームブリュレ。

魚中心のおいしいランチでした。
これなら、お値段にも納得、というか、コストパフォーマンスよかったです。
ディナーは5000円からだそうです。
惜しむらくは、メニュー表は前日までの予約でないとついてこないらしく、せっかく聞いたメニューの名前も素材の産地も、私の頭では覚えきれませんでした。

これだけ食べて、さらにサーブのフランスパンも3回あったので、この日の夕飯は思いっきり軽くなったのでした。





関連記事

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ

  1. 2009/02/04(水) 23:50:50|
  2. 食べ歩き(山口市以外)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




| ホーム |