FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

長門市通の古式捕鯨
連休最終日です。
この日は、長門市通地区で古式捕鯨の実演があります。
常々見てみたいと思ってたので行ってきました。

ネット検索して、実演が11時からということだったので、30分前に着くよう到着。
このくらいあったら駐車場が確保できるだろう、と思ったものの、まず青海島大橋にたどり着いてもどこにもそれらしき看板無し。
まさか、時間は確認したけど日にちが違ってた?
とりあえず通まで行ってみようと行ってみたらちゃんとお祭りやってましたが、今度は駐車場がありません。
というか、これも警備の人がいる訳でもなく、適当に停めてる感じです。
しばらく走っても空きがなさそうだし、とりあえずどなたかの敷地っぽいところに停めて、どこかに臨時駐車場がないか近くにいたおじさんに尋ねたら、「そこ停めておいていいよ」といわれてありがたく駐車させていただいたけれど、はたして敷地の持ち主だったんでしょうか?
なにせ、その後資料館近くで駐車場の聞き込みしたら、「市場が休みだから適当に中に停めとけばいいよ」とおばさん方は言うけれど、市場の前にはしっかり「関係者以外駐車禁止」と看板が・・・

あくまで地元のお祭りって感じだったんですが、古式捕鯨自体は面白いものでした。
人が殺到してきてないから、写真も比較的撮りやすかったし。
模型の鯨は、なんどかボランティアガイドの研修やら数年前のオフ会やらで見る機会はありましたけれど、海に浮かんでいると何となくそれっぽく見えるものでした。

沖で取り囲む浅瀬に追い込む銛でしとめる

紅ふんどしの参加者は、人手が足りなくて、数年前から応募による参加者もいるそうです。
終わった後の鯨唄は地元の小学生のご披露だったんですが、
大雨です突如の大雨。
鯨の涙雨だったんでしょうか。
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/07/22(火) 00:26:11|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アートふる山口高校生研修会
7月20日。
祇園祭の始まりです。
鷺舞見損ねました・・・

ぶちエージャーショーもあきらめて(夕方からと思ってたら15時からって丸かぶり)、この日は第1回アートふる山口高校生研修会でした。
ものすごく顔覚えが悪い私でも見覚えのある子が参加してるし、なによりずいぶん研修会の集まりがよくて、嬉しい限りです。

去年の第1回研修会は、始まるまでに色々なことがありまして、さらに研修会が休める状況じゃない分ボランティアガイドの方に出られなくて迷惑かけてたこともあり、「これで卒業しよ」と思ってたというか周囲にも宣言してたのに、今年もずるずるやってるのは、なんででしょう?

スタッフとの交流の楽しさってのもあるんでしょうが、

やっぱり

こういうのってミキサー?PA? ネタに事欠かないから?

今年のアートふる山口(10月4.5日)では、当日ミニFM局開局だそうで、この日は大路ロビーに機材設置して、テストで高校生研修会の模様の音を携帯で拾ってました。

なにがすごいって、

機材が全部個人の私物ってことでした。
関連記事
  1. 2008/07/21(月) 08:12:17|
  2. 日々あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

源久寺の蓮
雨予報だったんですけど、朝起きたら晴れてました。
ということでドライブ。
付き合ってくれるといってたはずの旦那は、まだ寝てましたが。

宮野方面から仁保に入り、仁保駅通り過ぎて、環境緑化園との中間点くらいにある右折の道(小さな看板あり)を入ってしばらく走れば到着です。
源久寺はもうちょっと上最後の曲がり角はわかりやすいです。
4月にボランティアガイドの研修会でも来てましたし。
7時過ぎだというのに、すでにたくさんのカメラマンさんが来てました。
みんな本格的です。
コンパクトデジカメで来てるのは私くらい・・・
お目当てはこちら。葉が小さめでクマは乗れず源久寺の住職が長年育ててきた大賀蓮(古代ハス)です。
数年前に来た時は8月初旬で遅かったし、と思って今回来ましたが、今度は早すぎたようで、つぼみの方が多かったような。しばらくは楽しめそうです。

誤算は、蓮の葉があまり大きくなかったこと。前回成功した「クマ蓮に乗る」はむりでした。
代わりにウメちゃんは成功ウメちゃんが。
同じ時に来ていた女性カメラマンさんは、以前ブログに載せたクマ写真を見てくださってたそうです(感謝)。

露があるのは絵になります。中身(違う蓮だけど)なんちゃって朝露の蓮、なんとなく色合いがウメちゃんと一緒
朝露に濡れるハスは絵になりますが、実はなんちゃって。
用意のいいカメラマンさんが霧吹き用意してたのでした。
みんな三脚やら脚立やらいろいろ準備して来ていらっしゃいました。
やはり本格的な人は違うなあ。

と、カメラの腕はどうしようもないんですが、うろうろしてたらこんな写真が撮れました。
こういうのは「蓮」ならぬ「運」ですね。
拡大したら、何とか見えるかな?
拡大してぎりぎり?ハスの上のトンボ
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/07/19(土) 16:50:42|
  2. 日々あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

追悼
宇部の中学生がとんでもない事件をおこした日、もう一つ大きな事件が起きていたことを、今日知りました。

カッタ君、亡くなる

大往生かと思ったら、ペリカンの飼育記録は60歳くらいまで生きた記録があるそうで、まだまだ壮年期だったようです。
ここ数年常盤公園には行っていないので、カッタ君とのツーショットはなく、たしか像と撮った写真があったはずなんですがこれも見あたらず、仕方がないので、
カッタの湯、カプセルホテル付き
カッタの湯でお茶を濁します。

人を困らせるより、楽しませることをした方がいいです。
身をもって示してくれた、カッタ君に合掌。
関連記事
  1. 2008/07/17(木) 23:26:33|
  2. 日々あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結構大がかり
昨日はブログどころではありませんでした。
アートふるの集まりの後、帰宅したら家の鍵が行方不明になってたのです。
家の中やカバンの中で行方不明にするのはしょっちゅう、常に予備鍵も持ち歩いているので生活に支障はないものの、いつもの鍵が見あたらず。
大抵カバンをひっくり返すか、車に戻れば車内にあるのに、ありません。
集まりのあった大殿公民館の駐車場まで行ってみてもなく、あとは朝にならなきゃ入れない大殿公民館だけ、ってところで朝行って無事発見したものの、見つかるまではドキドキものでした。

で、昨日のアートふる。
高校生の研修も近づいているので、色々話し合いがあっていつもより長くやって、もうじき解散ってところで実行委員長登場。
色々情報伝達。
一番大きいのは、井筒屋のオープンとアートふる山口が重なること。
現在のところ、ちまきや閉店ばかりがクローズアップされていますが、閉店したら今度は井筒屋オープンだったんだよなあ。
10月3日から商店街あげてのオープニングイベントになるそうで、それに4.5日にアートふるもあるわ、5日はフリーマーケットもあるわ、自衛隊もなんかイベントやるわで、駐車場がちょっと心配なことになっているそうです。
個人的には、県庁と野田学園の駐車場でなんとかなりそうな気もしますが・・・

井筒屋には、オープニングイベントで、某芸能人がくるそうです。
(決定してるそうですが、書いていいのかよく分からない・・・)
個人的には、その手の芸能人より、最近登場しているという、ぶちエージャンヌに来てもらいたいものです。
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/07/16(水) 23:41:19|
  2. 日々あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2




前のページ | ホーム | 次のページ