山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

やっと
2月があっという間に過ぎ去ろうとしています。
今年は閏年だから、1日多いとはいえ、やっぱり「逃げる」月です。

3月用に前々から用意していた写真、見つけるのに1時間近くかかっちゃいました。
旅行直後と思ったら、旅行直前に撮ってたのを忘れてたのが最大の原因。
母製作のひなもどきと、いもうと製作うさこ

雛人形?は母製作、編みぐるみのうさぎはいもうと製作。
クマは・・・製作者不明のまま。というか出自も不明。

3月に入ったら、大殿大路周辺は、いつでもアートふるでおひな様めぐりができます。
今年は何時行こうかな。
関連記事
  1. 2008/02/28(木) 23:57:55|
  2. 日々あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西京旅館で宴会
色々イベントがあったもので、湯田温泉での宴会の模様が中断してました。
といっても、出すのは料理だけですが。

先日の職場の宴会。
西京旅館でありました。
外観

私の周囲では、宴会会場の人気常に上位の割烹旅館です。
なかなか予約とれないんですよね。
幹事は褒められておりました。

4000円(別にサービス料10%)のお料理の一端。
最初最初でこれだけでてくるし、
初体験のアンコウ鍋は初体験のアンコウ、
たこ~フグ刺しならぬタコ刺し、前にここで宴会した時はカワハギ刺しだったなあ。
他にデザート含めて5品くらい、みんな温かいものは温かく出てきます。
ふぐは真フグの唐揚げだけだったけど、満足満足でした。
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/02/28(木) 00:22:01|
  2. 食べ歩き?(山口市)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

パークールのコンサート
先日、知り合いに声をかけていただいて、コンサート聴きに行きました。
後ろでこっそり・・・になっているのだろうか?

親子のふれあいイベントの一環としてあった、パーカッションのグループ、パークールのコンサートです。
拠点が山口、仕事をしながら活動を続けていらっしゃるそうです。
2時間という長丁場、かなり小さなお子さんもいるもので保つのかなあ、と思ってたんですが、
4人編成だったんですが真面目な演奏あり、難しかった・・・参加型あり、途中の休憩時間には楽器ふれあいタイムもあって、大きく騒ぐお子さんもないまま、楽しく終了。
楽曲が子供がよく知ってたり耳馴染みな曲が多かったことや、合間のおしゃべりが楽しかったこともさることながら、一番お子さん方をおとなしくさせたのは、演奏の合間にせっせとメンバーのおじさんが作り続けた風船細工のような気もしますが。

一つ分かったことは、よく聴くクラシックというのは、運動会で使われる曲が多いなあ、ということでした。(クシコスの郵便馬車とかウィリアムテル序曲とか)

ご好意に甘え、クマも参加?
県内に1台しかない高級マリンバの上・・・

関連記事
  1. 2008/02/25(月) 23:57:32|
  2. 日々あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ウメちゃんのデビューとやまぐち散歩
龍福寺の梅を見に行きました。
防府天満宮の梅が例年より早く1月には咲き始めてたので、こちらも期待しましたが、ツーショット用には多分見頃は来週以降のようです。
高い木のいくつかは、よく咲いているのもありました。
高い木の方がよく花が咲いてたんだけど・・・

クマの新しいお仲間もご一緒に。
深山桜庵からやってきた桜さるぼぼの「ウメちゃん」です。
なんで「サクラ」じゃなくて「ウメ」なのかは、分かる人だけ分かってください(笑)
エビでタイを釣るならぬ、外郎でさるぼぼが釣れました。(すみません)

このあと、菜香亭に。どっちかというと、主目的はこっち。
山口市のホームページでも掲載中見学中

ネット仲間兼アートふる仲間、写真家tomoさんの写真展見学です。
山口市内の観光地や街並みを、一般市民がモデルさんになって撮ってます。
ちょうど行った直後は人がいなかったけど、地元新聞で随分取り上げられ、菜香亭見学のバスツアー(入館料安いこともあり、最近はよくツアーの中に組み込まれているそう)のお客さんもやってきていて、結構な賑わいでした。

写真展は2月25日終了ですが、写真の方は山口市のホームページで見ることができます

受付には、春らしく菜の花。
せっかくなので、私のカメラでtomoさんに撮ってもらいました。
プロのモデルになった~


そういえば、tomoさんのン十万のカメラで去年撮ってもらった、クマの行き倒れ写真はどうなったんだろう・・・。
撮られてるところを撮る
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/02/24(日) 09:45:10|
  2. 日々あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

湯田温泉の飲泉
職場の飲み会が、湯田温泉でありました。
開始時間まで余裕があったので、湯田温泉観光案内所にできた飲泉を見に行きます。
注連縄張られてました

温泉は、観光案内所で1個100円で売られている開運ぐい飲みで飲みましょう。
1個100円
これ、山口お宝展中は、宿泊客に各旅館が配ってたようだけど、今もやってそうな気がします。
味は可もなく不可もなく。
入る時同様無味無臭で飲みやすかったです。
ただし、フッ素が成分に含まれてるそうで、飲み過ぎ注意の15歳未満飲用禁止です。

飲むより入る方がいいので、宴会の後は、会場の西京旅館のお風呂を使わせて頂きました。
西京旅館の女湯、2人が限界かな?

男湯は入口から想像して倍くらいの広さはありそうだったなあ。
なにせ、宿泊客より宴会利用客が圧倒的に多い割烹旅館、この日も宿泊客がいなかった(というか、今は基本対応してないような口ぶりでした)と思われ、入ろうとしたらめちゃくちゃ熱くて水でうめまくっちゃったのでした。
関連記事

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

  1. 2008/02/21(木) 23:42:51|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




| ホーム | 次のページ