FC2ブログ


山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記(プロバイダーのサービス提供ホームページ公開サービス提供終了により平成29年11月強制終了)の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

萩なつみかん工房
先日の山陰出張、昼を食べてから次の予定まで時間があり、一緒に行った同僚が行ったことがないといったもので、昼休み兼ねて萩しーまーとへ。
平日だというのに、結構な人手でした。
昼食すんでるから売り物を眺めるだけだと時間もつぶせず、口の中にまだ塩だれが残った感じ(前回記事参照)、ここはデザートでも食べるか~、ということで、車とばして萩夏みかん工房に行きました。

萩高校のすぐ近く

指月城跡近くの道沿いです。
ゴールデンウィークのネット仲間のekiさん、mmさんとのオフ会以来かな。
目当ては、mmさんお勧めの夏みかんソフト。ソフト&お店写真はGWの時のものです。
一見普通のソフトですが、夏みかんの果汁たっぷりで後口さわやか。
お店の人の話では無着色だからよくある夏みかんソフトみたいな色ではないとのこと。

こちらのお店は、私が萩に住んでた頃にオープンしたから、10数年が経過してます。
当時はたしかソフトはありませんでした。
販売していたのは、夏みかんのジュース類と名前のとおりの夏みかんの工芸品。

よその地域では見たことないですB級品らしいけどあまり違いはないかな?


夏みかんの皮を色々加工して花瓶やら湯飲みやらに仕上げています。
どういう製法なんだかよく分かりませんが、渋いです。
写真右は製作過程上でヒビが入って実用には問題ないものとかで、そこそこ安く販売されていたのでした。


ところで、萩夏みかん工房も、年月がたてば販売品が多様になってた訳ですが、今回の出張で今までと違ってたこと。
ずっと工事してたバイパス(?)が完成していたこと。
あんまり標識意識せずに道なりに走ってたら、いつのまにやらパイパスの方を走ってて、気付いた時にはびっくりでした。
まあ、進路方向は阿武町方面だったので、今までの道より松陰神社方向についた今回の道の方が結果的にはよかったです。
藍場川や松陰神社方面への観光には便利になりそうだし、来週の萩時代まつり(11月11日)に、役に立ちそうな気がしますが、人手多いから渋滞回避は難しいでしょうねえ。
関連記事
  1. 2007/11/02(金) 23:58:19|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




| ホーム |