山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

佳雲、月夜のうさぎに行って、ドーミーイン出雲を確認する
旅行から帰って、ばてて早々に寝て翌日ネットのニュースを見たら、世界卓球で吉村・石川組が混合ダブルスで金メダルをとってました。
DSC01288.jpg
山口県というか山口市ゆかりのコンビでの金メダル、おめでとうございますですが、試合見たかったです(生中継してなかったのでどっちにしても見れなかったようですが・・・)。

本題の、出雲への恒例ドーミーめぐり旅。
野乃境港宿泊時に工事現場を見に行った、出雲大社近くの共立メンテナンスのリゾート系、佳雲と月夜のうさぎ。
佳雲の大浴場月夜のうさぎの大浴場
プレオープンということで、これからサービス関係は変わる可能性がありそうですけれど、どちらもいいお宿でした。
ネタも提供いただきましたし(笑)
ダイジェスト版はこちらから
本編の完成は毎度の写真の撮り過ぎで、いつになるかは分かりません。
今回のショールームは1室のみでしたが、初日のチェックアウト(一応別の宿なのでそれぞれ手続きが必要、とはいえ宿泊票は融通きかせていただけました)時に見られなかった他の部屋についてお尋ねしてたら、お世話になった従業員さんがビーチタワー沖縄からのヘルプと判明。もしやとお尋ねしたら、ドーミーめぐりでクマ連れするきっかけとなったウェルネスの森伊東(から伊豆山で再会、その後沖縄に転勤されてたことは把握済)の支配人さんがまだいらっしゃることが分かり、消息が分かってよかったです。
大浴場見学させていただいてた時に、営業支配人さん(色々支配人さんがいるらしい)から沖縄にも新たに計画があるような話もきいたので(しょっちゅうあちこちポシャッてるので本社発表あるまでは油断できませんが)、また計画しようかなあ。

今回情報収集した限りは、霧島が確定、地元新聞で以前見かけたイン米子もほぼ確定。
沖縄のほか、箱根も新たに計画があるようです。
相当昔にネットのニュースをチェックして知っていた金毘羅のお宿(修善寺の菊屋パターンの由緒ある建物利用)もようやく動き出している模様。
行っても行っても、きりがありません。
救いは、今年から長期保有制度ができてちょっと優待券の枚数が増えるので巡る言い訳ができるってところですが(ドーミーインにいれこんだときは東証2部時代という長いお付き合い)、年々お値段が高くなってるので、これ以上は上がってほしくないなあ。

湯宿だから「ドーミー」めぐりにはならないなあ、と思ってたら、工事現場で情報を得ていたドーミーイン出雲が7月オープンと楽天トラベルにでているのを5月下旬に発見。
見に行ったので、ちゃんとドーミーめぐりになりました。
場所が出雲市駅近くというか目の前なので、行きも帰りもうろうろします。
出雲市駅裏手のドーミーイン出雲
バス停がある出入口とは反対側の、前回見に来たときは更地だったところに、大昔に泊まったスーパーホテルに隣接して立派なのが建ってました。
工事の人に聞いたら、今月末に引き渡しだそうで、宿についてお尋ねしたら7月中旬にオープン予定と聞きましたが、旅行から帰ったら公式サイトに7月15日オープン予定と既にでていました。
ちょっと来るのが早すぎた気もしますが、7月からは湯宿の方がグランドオープンで値段が高くなる(正直、今回のプレオープン価格も普段に比べると高くて、優待券を全部残してなければ断念するレベルでした)からこれで正解かな。
そして、見に行った年の3月から着工してたと情報提供していただいたのは、帰りの確認時に警備員さんから。
イン下関や大社の湯宿のときも、警備員さんは貴重な情報源というか、よく工事内容ご存じです。
警備員さんの方も、大社の宿に泊まってきた話をしたら興味津々だったので、写真が役にたちました(笑)

横のタンクの状況から(あちこちのドーミーインを見てたら多少分かるようになってきた)、お湯は運び湯になるようです。
距離を考えたら大社の湯宿から運んでくるのが順当だけど、共立メンテナンスは時々予想外のことをするから、これもまた探検に行った時の確認事項かなあ。
ご近所に日帰り温泉のらんぷの湯はありますが、さすがにここのだったら地下でつないだ方が早いでしょうねえ。
正直、立地を最初に聞いた時は、らんぷの湯がなくなって跡地に建つのかと思ったけれど、警備員さんに聞いたら、こちらも最近リニューアルされてたとか。
ほぼ隣接のらんぷの湯もおすすめ
温泉は使う時間がありませんでしたが、便が少ない宿近くののバス停を使うために当初予定より1時間以上早く出雲駅に着いてたので、お値段が安かった建物内のマッサージを帰りに利用させていただいたのでした。
  1. 2017/06/04(日) 23:44:35|
  2. ドーミーイン関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

出雲のお宿は佳雲(けいうん)と月夜のうさぎ
去年の今頃、境港の野乃に行ってきました。
1年たったら、境港の野乃のレストランは昼食やめたり夕食はバイキングになったりと、メニューはずいぶん変わってしまったようです。

そして、野乃に行く前に立ち寄ったのが、出雲の工事現場
神話博の時に利用した駐車場に、新たな共立のリゾートお宿を建てていたのでした。
その時の看板には、工事完了が翌年2017年の1月末。
その頃にプレオープンかなあ、と思ってたのになかなか情報が出てこなくて、鳥取地震の影響もあったのかと思ってたら、本日送られてきたホテスパのメールにサイト公開の案内と明日から予約開始の情報が!!

早速見たら、お宿の名前は「いにしえの宿 大社の湯 佳雲」と「お宿 月夜のうさぎ」になったようです。
たしか最初に建てるのを知った地元新聞の情報では、一つは女性専用ホテルってでてましたが、草津の木の葉のようなカジュアルタイプのお宿になる模様。
やっぱり女性限定は冒険すぎですものねえ。実際女性グループや一人旅の女性(って私か)は、さほどみかけなかったし。
宿が2つあって大浴場共有ってところも、草津の季の庭と木の葉と似ているような気がします。

明日から予約開始で、プレオープンは5月15日。
優待券は全部残してるし、この時期はちょっと動きやすくはあるんですが、あんまり早く行きすぎるのは迷惑な気もするし、どうしようかなあ。

ちなみに、ホテスパサイトのドーミーイン情報では、今年は8棟も建つ予定。
3月にプレミアム神田がオープンってことで、サイトの掲載はオープン予定順みたいなので、今後は宮崎に野乃奈良、間をあけて(多分)高知、出雲、松山と西日本が多い模様。
かなり回ることになりそうですが、問題は、最近さらによれよれ度が高まってきたクマがもつかと、まだ半年前の富山の観光絡みが全然終わってない・・・
  1. 2017/02/24(金) 23:35:39|
  2. ドーミーイン関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ぬか喜び
今季一番の寒波と言うだけあって、寒い1日でした。
明日あさってと仕事がらみのイベント続きで講師が遠方から来るんですが、無事に開催されるといいなあ。

個人的には、今日はかなりお祭りでした。
ドーミーインの親会社、共立メンテナンスの株がなんかいきなり上がってるので原因探してたら、理由判明。
昨日株の分割と長期優待制度の新設の発表があったのが原因だったようです。
分割で優待券が増えるなあ、と喜んでたら、株数増えた分に合わせて優待券の枚数も変わってて、分割しても結局変更なし。
ぬか喜びでした。
とはいえ、長期保有(3年以上だそうです。3年どころか東証2部時代から持ってるます)の優待で新たになんか割引券がもらえるようなので、そちらに期待しましょう。
なにせ、今年はドーミーイン系列のオープン予定が西日本だけでも大量にありますから。

とりあえず、ようやく先日ドーミーインめぐり東京編のホテル探検編がやっと終了しましたし(次は半年放置の富山観光片付けねば)、春からは割と自由がきく予定なので色々回れそうですが、どこから手を付けようかなあ。
  1. 2017/02/10(金) 22:54:09|
  2. ドーミーイン関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドーミーイン上野御徒町とドーミーインPREMIUM東京小伝馬町に行ってみる
すっかりサボり倒しているこのブログ。
金曜日に東京出張が入ったのをいいことに、残ってた夏休み(とらないと組合がうるさい)を活用して前倒しで木曜日に仕事が終わった後に出発。
久しぶりに東京のドーミーインに行ってみます。
数年東京にいってないうちに、かなりオープンしたり、改装したりしているんですよね。
前回行ってる八丁堀も丁度改装に入ったところでした。

狙いは行ってないところ、ということで、初日はドーミーイン上野御徒町。
2日目は9月にプレオープンしたばかりのドーミーインPREMIUM東京小伝馬町に行ってみました。
なにせ無理やりスケジュールをやりくりして行く分、直前に仕事の都合で中止になる可能性もあり(おかげで変更料のかからないANAの株主優待券で切符を手配したので職場に株主なのがばれる)、どうやら大丈夫そう、と見学お願いしたのが出発日の朝(汗)
大迷惑客ですが、どちらも快く対応いただけて感謝です。
行ってみたら、やっぱり野乃富山同様「撮影はご遠慮ください」(外国人客対策らしい)表示があるもので、昔のように、人がいないときを狙って勝手に撮りまして掲載(一応お宿に連絡して許可はとるけど)、というわけにはいかない今日この頃です。

富山旅行がまだ当分かかりそうなので、ひとまず作成したダイジェスト版はこちら




拝見したかぎり、どちらも土地のオーナーさん(見たら一目瞭然)といい感じにコラボしてる感じです。
立地も駅に近く、特に上野はアメ横そばと言うこともあり、観光には便利そうです。
私も翌日上野御徒町から小伝馬町に移動する前に、荷物をフロントに預けてアメ横と国立博物館見学に時間を使うことができました。
ホテルの規模としては小さめながら、部屋はコンパクトにまとまってるし、大浴場も外国のお客さんが多いからかあまり使われてる感じもなく(まあ、私の使用時間がいつも人とずれてるってこともあるのでしょうが)、のんびり過ごせました。

強いて問題点をあげれば、値段が高い(苦笑)
インバウンドの影響はなかなかのものです。
まともに出張で泊まろうとしたら、宿泊単価を超えちゃうんですよね。
今回、出張旅費は日帰り計算なので、自腹(といいながら株優に楽天トラベルのポイント利用と相変わらずの儲けにならない客)で泊まるから気兼ねなくて却ってよかったのでした。
  1. 2016/09/18(日) 23:58:59|
  2. ドーミーイン関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富山旅行と御宿野乃富山を満喫する
またしてもブログをさぼっている間にこの週末旅行して、本日帰宅。
目的は富山にできましたドーミーインの和風ブランド野乃富山店です。
今回は旦那付。旦那の希望で途中下車して高岡・氷見で藤子不二雄ワールドを楽しんできました。

初日は宇奈月温泉のグリーンホテル喜泉(古いけど食事はおいしかったし元気のいい従業員さんと早朝無料ツアーとサービスよかったです)に泊まって、2日目は宇奈月温泉のトロッコ列車に乗った後、本命の野乃へ。
野乃1号店の境港に富山から旧知の方がヘルプに来られていたもので事前連絡したら、快く大浴場(行ってみて初めて「撮影はご遠慮ください」の表示がされているのを知ったものの、そこは10年以上の実績(?)のおかげで撮影もブログ掲載もOK)はおろか部屋の方も見学させていただけました。
DSC01429.jpgハリウッドツインに
DSC01436.jpgツインはダブルよりちょっと大きめの温泉付き檜風呂に
DSC01472.jpg定員4人のトリプルの和室はショールーム。

ドーミーイン富山(なんと9月4日から改装休館)からの引き湯の温泉は部屋でも楽しめる(一部シャワーブースのみの部屋もあり)という新機軸。
宿泊したダブルの部屋でさっそく部屋風呂。
DSC01588.jpg温泉風情満載です。

日帰り温泉もやっている大浴場の方も、境港以上の充実ぶり。
撮影許可済みの女性用大浴場。
DSC01661.jpg3時過ぎでも利用客がいる人気ぶり(5時前でようやく撮影成功)。壺湯は女性の方が楕円で広いかな。
DSC01670.jpg2階なのでなんちゃって露天風呂。
DSC01685.jpg浴槽には水冷枕も付いてるし、
DSC01697.jpg打たせ湯までありました。
サウナも湿式と乾式と2つ付いてるし、系列リゾート(なんとなく草津の木の葉・季の庭に近いような)並みというか種類ではひけをとらない充実ぶりでした。
オペレーションも日帰りは専用出入口利用と、だいぶやりやすくなっていたようです。

台風12号が近づいていたこともあり富山はとにかく野乃だけが目的だったものの、晴れ男の旦那のおかげか(これで台風逸れるの3度目)台風の直撃免れたもので、富山在住のネット仲間さんに連絡したら、最終日はますのすしミュージアム等連れて行っていただきました(感謝)。

帰ったら毎度の写真の多さに頭をかかえつつ、しばらくは4トラの方は富山ネタになりそうです。
  1. 2016/09/05(月) 23:31:20|
  2. ドーミーイン関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4




| ホーム | 次のページ