山口の片隅でのあれこれ

クマ連れ旅日記の別館です。 山口県の片隅に生息しつつ、日々のあれこれを綴っていきたいと思いますが、どうなることやら。

干支のチェーンソーアート実演(酉編)
11月23日は、山口の天神祭り。午後から行列、天気がもつといいですねえ。
防府の裸坊は26日みたいです。

例年だと、古熊天神の日に合わせて、道場門前のイベントでいとこがチェーンソーアートの実演やってたんですが、今年は白石フェスティバルと合わせて実施で20日にありました。
ここは毎年来年の干支を彫ることになっていて、午から始まり今年は4回目。
酉になります。
去年からの干支に交じって、持ち込みの作品も色々と。
DSC03092.jpg初見のおさるのボード、なかなかいいですね。

DSC03091_20161123095141ce1.jpgこれも初見のムーミンは練習がてらに彫ったとか。
頼まれてるところは、スナフキンも所望されてる模様。

DSC03097.jpg安定の撮影人気のワンちゃんたち。
そういえば、むつみの雲林寺の猫さんがたは、まだかなり猫寺に置いてあるし、お寺さんが仲介して(本人商売っ気なし)、結構売れたというか売っていただいたらしいです。

DSC03105.jpg
ほぼ時間通りに実演開始。最初の木くず飛ばしのパフォーマンスも実演の定番です。
DSC03109.jpg
熱心に見ているお子さん方の近さが気になるものの、風向きで木くずが飛んでいくとちゃんと逃げていってたからまあいいか。

DSC03127_20161123101029bcc.jpg
最初の10分を見に行ってから白石フェスティバルの様子を見に行って、おれんじみるふぃーゆさんと記念撮影して、昼食食べて、30分後に戻ってきたら

DSC03136.jpgDSC03142.jpg

既にほぼ原形完成。
このあと素人にはよく分からないこまかいこだわりで仕上げをして1時間で
DSC03150.jpg一応完成。
持ち帰って手直しするのは定番です。
昨年のおさるさんは、実演の時は瞳を描いてたけど、戻ってきたら目も彫っちゃってました。

DSC03146.jpg揃い踏み・・・は最初の午がよそで飾られてるとのことでならず。
商店街の人は、十二支揃える気満々なので、あと8年やるのかな?

これから下松サービスエリアの恒例1日中実演やったり、来年はカナダの大きな大会(招待状が来ないと出られないらしい)にでたりと、相変わらずそれなりに忙しい様子のいとこだったのでした。
関連記事
  1. 2016/11/23(水) 10:19:33|
  2. チェーンソーアート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おれんじみるふぃーゆに遭遇する
いとこのチェーンソーアートの実演が道場門前であったので見に行って、せっかくなので同時開催(というか一環だった模様)の白石公民館のお祭りもちょっと覗きに行きましたら、FMやまぐちから生まれたご当地あいどるの、おれんじみるふぃーゆさんが来てました。
結構、車に乗ってる時にFM聞いてるもので、出演されてるラジオ番組はたまに聞いてます。
ライブはちょうどいとこの実演終了と重なってたので聞かなかったのですが(人手不足で片付け手伝う)、なぜかライブの前に無料握手会をやってたもので、握手はしないで

DSC03131.jpgDSC03133_20161121004046b70.jpg

クマ&ちょるる部長とツーショット(じゃないか、5人だから)
ノリよく持っていただいて感謝です。
ちょるる部長は、スクールオブロックの校長&教頭がFM山口に来たときに持ってもらったり、諸事情あってブログには使えなかった福岡のご当地アイドル青春女子学園の山口市出身の子に持ってもらったりというのはありますが、クマが有名人と、といったら、常盤の女将とうちのいとこくらいですかねえ。

で、肝心のいとこの実演は明日のネタに(多分)
関連記事
  1. 2016/11/20(日) 23:26:27|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大内人形祭り
午前中、紅葉の様子を見に香山公園に行ったら、タクシーのおじさんがフランス人のお客さんに通訳できないかとボランティアガイドの詰所に来られました。
フランス語は無理ですが、うまいこと来てた人の中に海外での仕事経験ありな人がいたもので、ちょっと英語でお話。
日本に何度も来られているようで(聞き間違いでなければ5回)、日本全国色々回られているそうで、お気に入りは高山。
日本らしいのがお好きみたいだなあ、ということで、ちょうどこの週末に大内人形祭りが開催されているふるさと伝承センターをお勧めしたら興味を示されて行かれることになりました。
出発前に観光案内所に行ってやまぐちコールセンター(今年始まった、山口県に来た海外旅行客や対応する事業所向け通訳サービス)のチラシをゲットし、お客さんとタクシーの運転手さんに渡しておきました。

で、お勧めした手前、そのあと大内人形まつりの様子を見に行きます。
DSC03063.jpg
無事着いて、ストラップ購入されたり、たまたま置いてあった来ていたおーちゃんとうっちーと写真を撮って楽しまれてたようです。

山口市の工芸品、大内人形は、その昔、山口の街を作った大内弘世公が今日とのお姫様をお嫁さんにもらって、ホームシックで泣くお姫さまのために人形を作らせてなぐさめたという話をもとに作られたといわれています。
大内人形は夫婦円満のお人形、ってことで、いい夫婦の日(11月22日)に合わせての大内人形まつりを開催。
DSC03052.jpgDSC03055.jpg
前に来たときは作家さんたちの自主開催でしたが、今回は商工会議所主催?
DSC03059.jpgDSC03058.jpg
市内の主だった作家さんの作品の展示会のほか、大内塗体験(伝承センターでやってる塗り箸づくり800円)に、
DSC03062.jpg新たにコラボ開発された、ご近所の和菓子屋風月堂さんの大内人形をかたどったあんこぎっしりのモナカ(事前注文制一箱2500円だそうです)のお披露目&販売(数は少ない模様)、外では大内人形があたるアンケート&ロゴの人気投票をしていました。
龍福寺の紅葉と合わせていくといいかもしれません。
DSC03065.jpgどうやらカープファンがいたようです。


ちなみに明日20日はいとこのチェーンソーアートの実演が、道場門前のイベント広場で13時から14時くらい(若干アバウト)で開催されるようです。
関連記事
  1. 2016/11/19(土) 22:30:35|
  2. 山口案内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プレミアム商品券完売と波柄でランチ
今年も販売された山口市のプレミアム商品券。
昨年は、他市の2割分のプレミアムに対して10%やら、小規模店舗でしか使えない券の比率が高くて(本来の趣旨からしたら正しいと思うんだけど)、よそと比べてずいぶんと売れ残ってた代物です。
今年は多少改善?されて、事前予約販売。
ネットで旦那分と合わせて予約して銀行でゲット。
予想通り引き換えられなかった商品券が多かったようで、11月13日限りで直接販売がありました。
購入して1カ月足らずでほぼ半分使い、来年の期限までに余裕で使いきりそうだから、また売れてなかったら追加購入しようかな、と北海道物産展見学兼ねて11時前くらいに井筒屋に行ってみましたら、長蛇の列。
物産展で購入して出てみれば、列が山陰堂のあたりまでさらに延びてたのでさっさとあきらめました。
たまたまガイド仲間に出会ったら、奥様の指令によりオープン前から結構並んで無事ゲットしたそうです。
5年前に山口に帰ってきたというガイド仲間いわく「東京ならともかく、山口でこんな行列初めて見た」だそうです。

さっさとあきらめたのは、去年今年と既に恩恵いただいていたのと、売れ残りがでたら商工会議所で販売というのを知ってたので、よそで余ったのが購入できる可能性があるかな、と思ったから。
で、翌日昼に行ってみましたら、
DSC03044.jpgしっかり完売してました。
入口のところに出てたので、事務所まで上がらずにすみました。

せっかく商店街まで出てきたので、お昼は商店街で。
北海道物産展の余波か、意外と人通りのあった商店街。
喫茶店系はかなり混雑してたのが見てとれたので、波柄さんへ。
湯田温泉で居酒屋やってたときにネタにしてますが、その後火事で焼失して、井筒屋前で魚屋始めて、奥でイートインスペース始めてます。さほどスペースはないけれど、道からは死角なので穴場なのです。
最近では夜の居酒屋営業も始められたそうですが、湯田温泉での再開は未定なようです。
ネット掲載の確認を事前にとるまでもなく、レジ横に「ブログ等で宣伝したら10%引き」(自己申告が必要な模様)と書いてあったので、好き勝手に撮ります。
DSC03045.jpgDSC03047.jpg
結構メニューはあります。焼き物系は時間がかかるそうです。
お店で売ってる刺身やお惣菜を買って、ごはんや磯汁つけるという手もあります。
魚屋だけど、ハーフサイズのから揚げ定食(税別650円)
DSC03049.jpgハーフでこのボリューム。
ごはんと磯汁はお代わり自由のセルフサービス。
DSC03051.jpg
全部そろったの図。
なかなかボリュームがあったのでした。
プレミアム商品券も使えますが、1000円未満ですから次の機会に。

しかし、自己申告10%引きはハードル高いなあ・・・
関連記事
  1. 2016/11/15(火) 08:01:30|
  2. 食べ歩き?(山口市)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

逃げ恥に瓦そばがでていたので便乗する
ちょっと遅れ気味ながら、日曜日に松山でゆるキャラグランプリあって、高知県は須崎のしんじょうくんが優勝してってことで、前にネタにしたことがあるのでお祝いかねてまたネタに、と思ったら、それより大きなネタが投下されました。
最近ダンスやらパロディーネタでなにかと話題のドラマ「逃げるは恥だが役にたつ」で、思いっきり瓦そばがクローズアップされてました。
第2話で平匡さんの地元が山口設定だったのは見てましたが(原作にはない設定の模様。監督か脚本家あたりが山口県出身なんですかねえ??龍馬伝の脚本家さんは山口県出身でもキムタクドラマでやたらとディスってましたけれど)、瓦そばがこれだけとりあげられるとは・・・

個人的には、フライパンじゃなくてホットプレートで作っていただきたいところでした。

瓦そばと言ったら、川棚温泉のたかせ(最近は門司や博多にもお店がある模様)とか川棚グランドホテルのおたふくですが、最近は結構県内でもだすお店が増えました。
残念ながら、業務用そば利用が多くて、なかなか本格的な茶そば&瓦でだすところは少ないですが。

山口市内だと、瑠璃光寺五重塔近くのお土産物屋さん、長州苑のレストランで出してますけど、瓦型鉄板なんですよねえ。
どこかに写真があるはずなのに出てこない・・・
湯田温泉でも長州屋さんは本格的に瓦ででてくるし(ちと高いけど)、だんだん茶屋も「茶そば鉄板」の名称ででてきます。
小郡でも秋吉台への三叉路近くに大々的に看板出してるお店があるんですが、数年前に店が変わって店名覚えてない・・・

あと、宇部との境にあるおいはぎ峠でも平日限定で瓦そば定食だしてました。
瓦そば定食

まあ、一番安上がりかつおいしく食べようと思ったら、茶そばの乾麺買ってきてドラマみたいに自分で作るのが一番なような気もします。
関連記事
  1. 2016/11/08(火) 23:16:55|
  2. 食べ歩き?(山口市)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スターダストレビュー35周年コンサートツアー「スタレビ」に行く
秋晴れで行楽日和な1日でした。
DSC03002.jpgDSC03000.jpg

午前中は知り合いがスタッフ参加していた維新公園のものづくりフェスタに行ったらカメラ忘れてた、ってことがありつつ、午後からはボランティアガイド。
ガイドはお休みの人が少ないのにお客さんは多くて、てんてこ舞いでした。
楽しかったからいいけれど。
なんとなく雰囲気でそうかなあ、と声かけたら、やっぱり終わったあとに行く予定のスタレビのライブで来ていた人たちでした。

ということで、ガイド終了後はだんなと待ち合わせて山口市民会館へ。
スターダストレビューの35周年記念ライブツアー。
日曜日で17時開演と普段より早く、会館の前の掲示板には終了時間20時となってましたが、予想通りに時間オーバー。
20時半に終了という、安定のスタレビ時間でした。
明日のFMやまぐちの放送は午前中。おそらくインタビュアーはパーソナリティの新井道子さんでしょうねえ。
スタレビの大ファンですから。(まあ、FM山口のアナさんは、大抵スタレビファンですが)

セットリストはネタバレになるので、続きから。
きらら博の年に灼熱のつま恋ライブに行ったものとしては、35周年の埼玉ライブにも行きたいところですが、なんかあの日はボランティアガイドの総会の日に重なる可能性大だなあ・・・ [スターダストレビュー35周年コンサートツアー「スタレビ」に行く]の続きを読む
関連記事
  1. 2016/11/06(日) 23:59:26|
  2. 日々あれこれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都 高山寺と明恵上人 - 特別公開 鳥獣戯画 - をぶろぐるぽ
週末は仕事がらみでお子様連れの団体さんと自然体験。
元気なお子様と、見守りだけのはずがものすごく参加しまくるはめとなり(スタッフの中でこれでも一番若手・・・)、筋肉痛がいまだ続いています。

その前の週は職場旅行。
DSC02698_20161101230542bfa.jpgDSC02703.jpg
予想以上に激しく損傷していた熊本城をボランティアガイドさんの案内で回り、
DSC02732.jpg馬づくしの昼食食べて
DSC02795.jpg萩と一緒に世界遺産となった三池炭鉱やらと、かなりマニアックなところを回り、翌日は自由行動。
九州国立博物館の「京都 高山寺と明恵上人 - 特別公開 鳥獣戯画 -」を見に行きます。
博多駅まで行ってバスターミナルからでる太宰府までの直通バスに乗ろうとしたら、かなり並んでいたのと、周囲の話からバスだと渋滞の危険性が、ということで路程変更。
博多駅の別のバス停から西鉄の薬院駅まで行こうとしたら、泊まってた博多八百治ホテル近くのバス停もしっかり通ってたということもありつつ、薬院駅から西鉄鉄道に乗り換えて、無事太宰府到着。
九博にはちょうど開館時間の9時半前に到着し、行列は外までいっていなかったものの、どうやら特別展の土日は9時から開館していたようで、既にいったら40分待ち、実際には50分近く待たされました。
DSC02853.jpg
見終わって、下の行列を見たら、まだ来た時と同じくらい並んでいました。
それでも、前の台湾故宮博物館展ほどではなかったので、余裕で荷物はリターン式コインロッカーに詰め込んで見学できたのでした。

展覧会は当然撮影禁止なんですが、九州国立博物館では「ぶろぐるぽ」という、登録したら写真を貸し出してくれるという便利な制度があります。
帰ってから、三度目の登録をします。
これまではいつもすぐに返信がくるのに今回はお返事がこなくて、再エントリーしてお許しいただけました(ということがあったもので、ちょっとネタにするのが遅くなる)
九博
お目当てはやっぱり、鳥獣戯画。
修復されたばかりということで、ちょうど行く直前に現在の順番ができた当初と異なっていたことが判明、なんてニュースもあったりしました。
その部分は後期に公開ってことで、見たのは違うところでしたが(笑)

ただ、今回の展覧会のメインは題名のとおり、高山寺と開祖の明恵上人でして、そちら関連の展示が色々で楽しめました。
個人的には、鳥獣戯画を最後に持って行ったほうが、お客がさばけそうな気もするんですけどねえ。

帰りには
DSC02860.jpg西鉄の観光列車、旅人にも乗れてラッキーだったのでした。
関連記事
  1. 2016/11/01(火) 23:33:13|
  2. 旅の一コマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0




| ホーム | 次のページ